Original

【建設業界への転職活動】活動期間の目安と転職しやすい時期とは

建設業界は、働く会社や置かれているポジションによって差が出やすい職種のひとつではないでしょうか。残業や休日出勤が多いというのも珍しいことではありません。

家族との時間が思うように取れない、身体の疲れが抜けないといった悩みを抱えてしまいがちです。しかし、転職するのもタイミングが掴めない、なかなか時間が取れないといった人は多いでしょう。

そこで、一般的な転職期間の目安や転職のタイミングの掴み方について解説します。

今は転職すべき?転職活動の時期に迷ったときの決め方

転職活動をすべきかどうか迷ったまま年齢を重ねてしまう、そんな人は多いようです。また、建設業界の場合は現場の仕事に入ってしまうと責任感からタイミングを逃しやすい傾向も見られます。

現場監督のような仕事であれば、転職活動をする時間そのものが取りにくいのではないでしょうか。ここでひとつ注意したいのが、現場単位で考えすぎないことです。もちろん、抱えている仕事を途中で放棄するのは良いことではありません。

しかし、仕事に愛着が感じられない状態で働くことは、仕事の質が下がってしまうことも考えられます。建設業界の場合は「やる気が安全に直結」します。それは仕事そのものに対する安全だけではなく、自分自身の安全でもあります。

責任感があるのは非常に良いことです。ただ、迷いや悩みを抱えたまま働くことで体調や仕事に影響するほうが問題です。

職場環境が何年経っても改善されず今後もその見込みがない、さらに悩みや迷いが長く続いているといった場合には、仕事の区切りに関係なく転職活動を開始すべきです。どんな求人が出ているかというリサーチは早めに始めておきましょう。

早く決める?それともじっくり?転職にかける期間の目安

転職活動にかける一般的な目安期間は、3カ月~4カ月と言われています。

先に会社を辞めてしまった場合は、ここまで時間を取れないと思うかもしれません。しかし、焦って決めてしまうほうが問題です。

スキルアップやキャリアアップを考えるなら、給与などの待遇面や、人間関係をはじめとした職場環境があまり変わらない会社に転職することは避けましょう。そのためには、じっくり期間をかけることです。

通常は自分の希望に合った求人を見つけるだけでも時間はかかります。見つかったあとも、履歴書を出してから面接、そして採用または不採用通知が来るまで早くても1週間程度を要します。

公共の職業安定所などを通す場合には紹介状の発行も必要です。1カ月で応募できる件数は限られてしまうでしょう。1社2社と不採用通知が続いたり、希望に沿うところがなかったりすると焦る人は多いものです。

そのため、できる限り辞める前から転職活動を始めておくことをおすすめします。そして自分が働きたいと感じられる会社を探しましょう。

転職しやすい時期はある?キャリアアップのチャンスを逃さない

転職を考えるなら、できるだけよい条件の会社に決めたいものです。

そのためには転職しやすい時期を考えて転職活動を行うのもいいでしょう。一般的な業種でも2月~3月、そして8月~9月が求人募集は増えるといわれています。これは建設業界でも該当することです。

しかし、2月や3月は同時に新卒者が増える時期でもあり、実は転職者には難しい部分はあるかもしれません。これを回避するにはやや時期をずらすのがポイントです。

春なら4月以降、そして秋口の9月~10月に出る求人なら中途採用されやすい傾向が見られます。理由としては新卒者の退職などいくつか考えられますが、大きな工事着工や事業拡張を控えての人員確保もあるからです。

大手ゼネコンでも8月~9月といった時期に求人が出ることがあります。完全週休2日という魅力的な休日体制が多いので、この時期にチェックしてみるのもいいでしょう。1級建築士など資格取得のタイミングに合えば、中途採用でも採用の見込みは考えられます。

ただし、直接雇用ではなく派遣会社という場合も見られるので、注意は必要です。会社の規模よりやりがいを重視したいのなら、新規で立ち上げる建設会社に転職するのもおすすめです。

仮にあなたが30代であれば、会社とともに成長できる年代でもあり、経験も期待される年代です。常にアンテナを張り巡らせておくようにしましょう。

転職は慌てないこともポイント!スケジュールを組んでみよう

働きながらでは、なかなか転職活動に時間を取れないかもしれません。しかし、転職を成功させるためには数カ月は期間を設けましょう。

次に何をしたいという目標がある人は、まずスケジュールを組んでみてはいかがでしょうか。

そのときに次のことを押さえておくと決めやすくなります。

・必要な資格はあるか

・適した年齢はあるのか

最低この2つが出れば、スケジュールを決められます。資格の取得や試験のある仕事なら、勉強を含めたその日程を決めていきましょう。また、職種によっては資格取得制度を設けている会社もあります。

勉強と同時に求人を探し始めると無駄がありません。時間が取れないなら、転職エージェントを活用するのもひとつの手段です。

いつ転職活動に時間がとりやすいかは、休日または仕事が比較的空きやすい時期を書き出すと分かりやすくなります。いつまでに転職を決めたいか、それに対してどう時間が使えるかを考えて、失敗のない転職活動をしましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?