Original

建設業界へ転職!面接でスーツを着用する必要性は?

転職活動で採用に至る過程で、避けて通れないのが面接です。建設業界へ転職する際、面接の服装はどうすればよいのか悩むこともあるでしょう。

初めて会社の担当者と会う特別な機会ですから、できるだけよい印象を残したいものです。実は、面接に適した服装は業界によって異なることがあります。また、面接を予定している会社から私服でどうぞといわれてしまったら、どのような服装が適しているのでしょうか。

そこで、建設業界の面接でスーツを着用する必要があるのかも含め、詳しく見ていきましょう。

 

服装の指定がなければ、スーツがおすすめ!

建設業界にはさまざまな職種があります。仕事内容によっては普段の仕事着が汚れても大丈夫で頑丈な作業服であったり、動きやすいカジュアルな服装であったりするでしょう。また、建設業界の中でも営業系の仕事をしている場合には普段からスーツを着用することが多いのではないでしょうか。

そのため、転職時に面接に行くとき、今までスーツをあまり着ていない人にとっては服装に悩むことが考えられます。しかし、どのような職種であったとしても、社会人として問題ないと判断される服装はスーツです。面接で特に服装の指定がない場合には、スーツを着ていくようにすれば、面接先の会社に対して失礼にあたらないと言えるでしょう。

しかし、スーツといってもデザインや色など豊富な種類があります。スーツであれば何でもよいと判断する前に、業界に適したスーツはどのようなものか知っておくことが大切です。

建設業界は金融業界より柔らかい印象で、不動産や住宅関連の業界と同じようなイメージです。広告やIT関連の業界より固めの印象を与える業界です。そのため、保守的すぎず、カジュアルすぎないスーツ選びを心がけましょう。

 

私服可といわれたら!どのような服装がベスト?

面接に行く会社によっては、私服可といわれることがあります。しかし、改めて私服といわれてしまうと、何を着ていけばよいのだろうと考えてしまうこともあるものです。このような場合、面接に適した服装はどのようなものなのでしょうか。

具体的に見ていきましょう。私服可といわれても、ジーンズやTシャツなどのカジュアルな服装は面接では適切とは言えません。しかし、リクルートスーツのような服装であるべきとも言い切れないので、いわゆるオフィスカジュアルの服装を意識してみるとよいでしょう。

オフィスカジュアルとは、上下が同じ生地のスーツではなく、ジャケットとパンツが別で構いません。襟付きのシャツを着用しましょう。ネクタイは必ずしも着用する必要はありません。

イメージとしては、少々フォーマルな会合や、高級な飲食店で食事をするときに着ていくような服装です。ホテルなどで食事をするときにはドレスコードがありますが、そのような雰囲気でコーディネートすると問題ないと言えます。

ジャケットの色は派手目のものは避け、質のよいものを選びましょう。また、シャツも柄や色は少し抑え目にしておくと無難にまとまります。パンツはチノパンが適していると言えます。全体的にスーツ着用時と同じく、派手すぎる色やデザインは避けたほうがよいでしょう。

 

スーツそれとも私服?建設業界の面接で理想的な服装は

建設業界で転職するときの面接時の服装について見てきましたが、結局スーツと私服、指定がなければどちらがよいのでしょうか。

面接に着て行く服装に悩んでしまったときには、スーツを着ていけば比較的安心といえます。スーツの選び方ですが、色は地味目がよいです。濃紺や濃いグレー、明るめの黒などを選択しましょう。派手でなければ多少ストライプなどの柄が入っていても問題ありません。生地はなるべく質のよいもので、光沢があるような生地は避けたほうが無難です。

シャツは白または無地の薄めの色がおすすめです。ネクタイの色は派手目なものは控えましょう。柄は無地、チェックなどがおすすめ。バッグや靴、靴下がスーツの雰囲気とあっていないと、少しちぐはぐな印象になり目につきやすいものです。スーツやネクタイの色合いに合わせて、黒や茶色の落ち着いた色でコーディネートするとよいでしょう。

しかし、面接における理想的な服装はケースバイケースであり、面接をする会社や担当者の考え方で判断がわかれるところです。応募している会社の雰囲気や社風などを知っておくことが大切です。

迷ってしまったときにおすすめなのは、応募した会社に問い合わせてみることです。面接日時を確認する連絡を入れるタイミングで、それとなく服装について聞いてみましょう。応募先の会社は、服装について聞かれたとしても印象が悪くなる可能性は低いので、遠慮せず質問してみるとよいでしょう。

 

どのような服装であっても大事なのは清潔感!

建設業界だけにとどまらず、どのような業界で転職の面接に行くときにも必ず気をつけておきたいことがあります。

それは、どれだけ質のよいスーツや、雰囲気のよいオフィスカジュアルでコーディネートしていたとしても、清潔感がなければ面接でよい印象を与えるのが難しくなることです。社会人として清潔感があることは、とても大事なことです。スーツが汚れていたり、シャツのシワが目立っていたりするとマイナスイメージだけが残るでしょう。

スーツでも私服でも、クリーニングしたきれいな状態にしておくことが大切です。また、太ったり痩せたりすることで体型が変わることがあります。服全体が体に程よくフィットしていないと、だらしなく見えてしまうことがあるので注意しましょう。

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します