Original

【建設業界への転職活動】印象が変わる履歴書の写真の撮り方とは

建設業界の転職で希望の企業へ履歴書を提出する際には、写真の印象は大切です。

履歴書写真は、その人の第一印象になるので、好印象を持ってもらうことは面接で有利に働くことになるでしょう。

建設業界では、どのような人材が求められているのかを把握したうえで、自分の写真の印象を客観的に判断することをおすすめします。もし、少し印象を変えたほうがいいと考えたときには、スピード写真よりもスタジオで希望を伝えて撮影すると良いでしょう。

建設業界で求められている人材とは?履歴書写真の参考にしよう!

建設業界への転職を考えている人は、この職種で求められている人物像を理解しておくと良いでしょう。

建設業界は技術者の高齢化や若年層の不足などの問題を抱えています。特に、バブル崩壊後に新卒採用を控えていた時期があるため、団塊世代が退職した後に続く人材不足は深刻です。

そのため、新卒採用だけでは人材不足の解消に至らず、中途採用が増加する傾向で、30代~40代の人材が多く求められています。今まで建設業界で経験を重ねてきた人にとって、さらに技術を磨き専門的な知識を得て活躍できるメリットがあります。

一般に、建設業界は残業が多めなので、基本的には「体力がある人」「健康な人」が求められています。転職を希望する際の履歴書写真は、見る人に健康的で明るいイメージを与えるようにしましょう。

それには「笑顔を作る」練習も必要です。口角を上げるだけで笑顔に見えるので、鏡を見て普段から自分の表情に気を付けるようにしましょう。慣れてくると自然に笑顔を作ることができ、先に笑顔になることで気分も明るくなるメリットもあるのです(※1)(※2)。

人手不足が続く建設業界であるだけに、何かあれば直ぐに辞めてしまうような印象ではなく、誠実で素直な人柄を面接官に印象づけることも大切でしょう。

好印象を与える履歴書写真について教えて!服装や髪型のこと

では「誠実で素直」といった面接官に好印象を与える履歴書写真とはどのようなものでしょうか。

まず服装ですが、建設業界だからといって、スーツを着なくてもいいのかというと、そうではありません。企業により判断が異なる場合もありますが、服装は「マナーを守っている」という印象が大切なので、スーツでネクタイ、白いワイシャツが良いでしょう。

基本的には、どのような職種でもスーツ着用をして面接に臨みたいものです。履歴書写真は面接と同じ服装なので、スーツ着用で撮影しましょう。たとえ、夏でも履歴書写真でカジュアルな服装はNGです。

また、髪型は目にかからないようにすると、明るい印象になります。男性の髪型で要注意なのは、前髪が長い人や襟足が長い人、髪が跳ねている人です。

写真を撮る前には、きちんとカットしておくことです。髪型は、履歴書写真の印象を決める大きな要素となりやすいので、十分にチェックしましょう。

写真を撮影するときには、全身が映る鏡で乱れがないかチェックすることです。きちんとした服装や髪型の写真は「真面目」「誠実」「素直」といった印象を相手に与えやすくなります。

もし応募する人が多いと、履歴書写真の第一印象で判断されて面接まで進まない可能性があるでしょう。このようなことからも、履歴書写真で好印象を与えることは大変重要なことです(※3)。

スピード写真よりもスタジオでプロに撮ってもらうと好印象に!

建設業界で転職を希望する場合、履歴書写真は手軽にできるからとスピード写真で撮るのは避けたほうが良いでしょう。スピード写真の機能は向上していますが、印象を少しでも良くするためには、写真スタジオで撮影することをおすすめします。

スタジオはプロのカメラマンがいて、目線や表情などのチェックをしてくれます。また、自分では気付きにくい服装や髪型の乱れも指摘してくれるので、より「清潔できちんとしている人」という印象の写真になるでしょう。

忘れがちな自分の「姿勢」についてのチェックも大切です。

意外に、自分は姿勢がいいと思っていても、他人から見ると悪い姿勢に見えていることもあります。全身が映る鏡が家にあると、日頃から姿勢に気を付けるきっかけにもなるでしょう(※4)。

建設業界の面接で有利に働く履歴書写真を!

履歴書写真は、履歴書の大きさに合わせますが、一般的は履歴書で多いのは横の長さが3センチで、縦が4センチというものです。提出する日の3カ月以内の写真で、履歴書に貼る際は写真の裏には忘れずに名前を書いておくことです。万が一、大事な写真が剥がれてしまっても、迷子にならずに済みます。

写真を撮る際に迷いやすいネクタイの柄ですが、好印象を与える紺やグレーがおすすめです。紺は定番のストライプ、グレーは落ち着いた印象の小紋柄が良いでしょう。黄色のチェック柄は元気な印象を与えてくれるので、明るさを印象付けたいときに付けましょう。あまり大きな柄や派手な色はNGですが、薄い紫色もイメージを特定しにくいので避けたほうが良さそうです。

建設業界は資格取得制度などを利用することで、働きながらキャリアアップできる可能性も大きい業界です。これから、さらに経験を積んでいくためにも、転職の際の履歴書写真で好印象を与える工夫をしていきましょう(※5)(※6)。

 

※1.【採用マイスター】建設業界が抱える3つの人材問題

http://www.pro-bank.co.jp/saiyo-meister/industry-story/construction-industry_a-matter

※2.【ウズキャリ既卒】全就活生必見!内定がぐっと近づく証明写真の撮り方とは?

https://kisotsu.daini2.co.jp/article-1969-author-10/

※3.【マイベストジョブ転職アカデミー】就職・転職の履歴書写真ってスーツ以外はダメ?季節でも違う?

https://mybestjob-acad.jp/rirekisho-shashin-suitigai/

※4.【PASONACAREER】履歴書の証明写真で好印象を与える方法

http://www.pasonacareer.jp/column/knowhow/knowhow_160713.html

※5.【建設転職com.!】これでライバルに差をつける!!履歴書作成のマナー講座

https://www.建設転職.com/page/yakudachi_2/

※6.【人材バンクネット】採用担当者の目にとまる!履歴書の書き方

http://www.jinzai-bank.net/edit/info.cfm/kr/002/

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?