Original

転職活動で建設業界へ!面接でスーツを着ないのはあり?

建設業界は服装や髪形について厳しい規則がないイメージがある人も多いでしょう。しかし、面接時の服装もスーツでなくて許されるのかは、多くの転職志望者にとって悩むポイントですよね。

一般的にスーツで行うのが面接の常識ではありますが、建設業界ではスーツを着ることがない現場の社員もたくさんいるので、作業着で面接に赴く人も少なくないのです。

ここでは、建設業界を志望する転職者が面接時に着るべき正装や、注意点について詳しくまとめていきます。

 

転職活動は指定がなくてもスーツで出かけるのが無難

建設業界の転職活動で面接に呼ばれたとき、着ていく服装を迷ってしまう人は少なくありません。その理由は「募集要項に指定がないから」でしょう。たしかに、建設業界の募集要項には面接時の服装にまで言及していない記述も見られます。

次に「現場でスーツを着ることがないから」という点も挙げられます。

建設業界の従業員にとって、現場での服装は作業着が中心です。特別な理由がない限り、仕事でスーツを着る機会はないでしょう。建設業界にスーツはなじみがない服装であり、面接に着て行っても企業から変に思われないかが不安になりがちです。

結論を書くと、面接でスーツを着て失敗することはまずないでしょう。

スーツはあらゆるビジネスシーンにおいて正装として受け入れられています。もしかすると建設業界の面接で「スーツじゃなくてもよかったのに」と言われるかもしれません。しかし、正装でやって来た相手を「真面目な志望者だ」と思うことはあっても、低く評価される可能性は低いでしょう。

面接の服装に迷ったら、スーツを選ぶのが無難です。スーツを持っていない人も、転職活動の機会に買いそろえておきましょう。

 

大切なのは清潔感!転職活動に相応しいスーツの選び方

転職活動に相応しいスーツとして「真面目に見えること」「落ち着いたコーディネート」「やる気が伝わるかどうか」などさまざまなポイントが挙げられます。しかし、これらのポイントは「清潔感」という言葉に集約されるでしょう。

たとえば、汚れやホコリが目立つスーツはだらしない印象を与えます。光沢があり、美しくクリーニングされたスーツこそが面接官に高評価をつけてもらえるでしょう。

また、しわが寄っていたり、サイズが合っていなかったりするスーツも面接官に違和感を抱かれがちです。スーツは社会人ならしっかりと着こなしたい正装です。「着慣れていない」と思われないよう、自分の身長や体格に合ったスーツを選ぶようにしましょう。

スーツの色は黒、灰色、濃い紺などの寒色がおすすめです。いずれも大人っぽくてシックなイメージがあるカラーリングです。パステルや明るい色の生地は避けるのが無難です。また、ワイシャツは白にして、ネクタイも無地のものを合わせます。

転職活動では、スーツスタイルに過度なアクセントを加えないように心がけましょう。

 

スーツスタイルに合わせたい!転職活動の小物とは

スーツスタイルでは「小物」と呼ばれる関連品とのマッチングも重要視されます。

まず、スーツスタイルの必需品とも言えるのがビジネスシューズです。ビジネスシューズは黒か茶の革靴が基本です。先が過剰に尖っているなど、変則的なフォルムは避けましょう。また、新品が理想ですが古いシューズでもクリームなどで手入れして、汚れが目立たないようにするのがエチケットです。

ビジネスバッグも目に入りやすい小物です。社会人経験を経ている転職志望者なら、カジュアルすぎるバッグではなく、フォーマルなバッグで面接には挑みましょう。やはり黒か茶の革製のバッグが理想ですが、ナイロン生地の製品も耐久性があり使い勝手に優れます。バッグとシューズの色を合わせると、スーツスタイルに統一感が生まれます。

腕時計もまた、押さえておきたい小物です。デジタル腕時計は私服のような雰囲気を出すので、アナログ腕時計が企業面接には向いています。高級感をアピールするアイテムではなく、実用性の高い大人しいデザインの時計を身につけるようにしましょう。面接官に威圧感を感じさせないことが肝心です。

 

どうして転職活動では服装まで気をつけるべきなのか

面接で服装にこだわる意味が理解できない転職志望者もいるでしょう。人を見かけで判断せず、言葉や態度を確かめてほしいという思いは妥当だと言えます。

しかし、企業面接では言葉だけで人となりを理解できるほど余裕のある時間は確保されていません。そこで、人を見るプロである面接官たちは志望者のあらゆる部分を観察して「この会社に相応しい人材か」の結論を下そうとします。わずかな面接時間では、当然服装も判断基準に含まれてくるでしょう。

また、スーツスタイルの着こなしでも社会人としての能力の一部は見てとれます。美しくスーツを着こなせる志望者は、自分を客観的に観察し、他人への気遣いができる人だと予想できます。逆に、面接時の服装がだらしないと自分に甘い人間だと思われてしまうでしょう。

志望の会社から採用され、転職活動を成功に終わらせるためには細部まで気を抜けません。「服装くらいで」と感じていても、それで採用される可能性が少しでも変わるなら気を遣ってみましょう。

転職活動中のスーツスタイルは、ライバルにわずかな差をつけるチャンスなのです。

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?