Original

面接時の髪色は?自由なイメージのある建設業界に転職する際気をつけること

建設業界は、ほかの業界と比べて服装や髪型に自由なイメージがあります。

事実、職場でも普段着で出勤したり、アクセサリー類を身につけたりしている人は珍しくありません。ただし、転職活動の面接でも同じように自由な服装が許されているとは限らないのです。

面接官に好印象を与えるようなビジュアルを意識して、少しでも採用の可能性が高まるように努力しましょう。

ここでは、建設業界の面接に挑む際の髪色や身だしなみについて説明します。

 

建設業界の面接で「服装自由」と書いてあったら?

建設業界では職場の「服装が自由」と謳っている企業も少なくありません。また、転職の面接でも細かく服装を指定していないケースがあります。そのようなときに、どんな服装で面接に挑めばいいのか分からなくなってしまう人は多いでしょう。

しかし、指定がなくても面接にはスーツスタイルで臨むのが社会人の常識です。仮に私服姿で面接会場を訪れたとしても、その場にいるスーツスタイルの志望者に囲まれて悪い意味で目立ってしまうでしょう。

建設業界の募集要項で面接の服装が明記されていないのは「わざわざ書かなくてもスーツスタイルが相応しいと分かるから」だと捉えるのが一般的です。また、服装を明記しないことで、当日にどんな服装を着てくるかを試している採用担当者もいます。

「服装が自由」だとしても、あくまで入社してからの話であり、企業に敬意を払うべき面接では礼節を踏まえた服装が求められています。黒か紺のスーツスタイルに白いシャツとネクタイというリクルート形式で会場に向かうようにしましょう。また、革靴やビジネスバッグなどの小物も必須アイテムです。

 

転職の採用過程では黒髪にしておくのが無難

建設業界では金髪や茶髪の社員もよく見かけます。転職のために面接を希望している人も髪色を染めている人は多いでしょう。

「どうせ入社しても髪色は明るくするし」と考え、面接にも明るい髪色で挑むケースは珍しくありません。たしかに、髪色そのものが悪いわけではなく、入社したらすぐに「染めてもいいよ」と言ってくれる企業もあるでしょう。

しかし、明るい髪色は面接官に好まれない傾向があります。面接という「企業に自分を判断してもらう」場所に、髪色を染めてくる心構えが評価を落としてしまうのです。

いつもは髪を染めている人も、面接に合わせて黒髪に戻しておきましょう。暗い茶色なら派手には見えませんが、それでも黒にまで染めておいたほうが無難です。

また、髪色と同じく髪の長さや髪型も重要なポイントです。長髪やセットにこだわりすぎた髪型も面接官からいい印象は持たれません。適度な長さにカットし、だらしない印象を与えないように、必要があれば整髪量でスタイリングしましょう。パーマをかけている人も、ストレートに戻しておくことをおすすめします。

 

髪色以外でも全体的に気をつけるべき「清潔感」

服装や髪色以外でも「清潔感」がなければ転職の面接ではいい評価を得られません。「清潔感」は正しい着こなしで演出できます。スーツやシャツのボタンはしっかりとしめ、ネクタイも緩めないようにしましょう。

また、サイズ感がちぐはぐな服装も「清潔感」を奪います。パンツを腰の位置で履くなどの奇をてらった着こなしはせず、きちんと着るようにしましょう。また、新品のスーツかクリーニングに出したばかりのスーツを用意し、しわが寄らないように注意しておく必要があります。

スーツのほか、靴も「清潔感」のためには欠かせない要素です。先が尖った革靴はさけ、スクエアなフォルムのビジネスシューズを履きましょう。光沢を出し、少しでも新品に見られるよう前日にはクリームをつけておくのが得策です。

だらしない髪型はNGですが、ヒゲもあまりおすすめできません。無精ヒゲが良くないのはもちろんですが、きれいに手入れしているヒゲでも面接官の心象を損なうリスクがあります。面接の朝にはきれいにヒゲを剃り、面接の前にもう一度チェックしておきましょう。

 

面接では言葉だけでなく外見もチェックされている

建設業界では経験や資格が重要な一方で、すべての企業で重視されているわけではありません。「今まで何をしてきたか」よりも「入社してから何をしてくれるか」が採用を分けるポイントです。そのため、面接での印象は非常に大切であり「何を言えばいいか」を熱心に予習してくる志望者はたくさんいるでしょう。

しかし、どんなにしっかりした言葉を話していても、外見と言葉が合っていなければ面接官の心は掴めません。「人は外見ではない」という考え方もありますが、短時間で自分のすべてを判断される採用面接において、外見もまた重要な審査ポイントなのです。

「自分は真面目で努力家です」と言っている人が、茶髪でアクセサリーをつけていたら説得力を欠いてしまいます。仮に、本当に魅力があふれている人材だとしても、外見で採用枠から落とされてしまうのは非常にもったいない事態です。

建設業界はこれまでのキャリアに関係なく、入社してからの努力が認めてもらいやすい世界です。がんばりが報われる企業で実力を振るうためにも、まずは面接官に気に入られるためにこだわりを捨ててみましょう。

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?