Original

履歴書の適正サイズはどのくらい?建設業へ転職の場合は?

転職の履歴書のサイズはA4判(A3二つ折り)が一般的

転職にあたって使う履歴書のサイズについては、まず応募先企業の条件を確認してみましょう。

企業が履歴書のサイズや形式を指定している場合はそれに従い、

形式自由の場合は自分で使いやすい履歴書を探すことになります。

市販されている履歴書の大きさは、A4判(A3二つ折り)かB5判(B4二つ折り)の2種類です。

基本的にどちらの大きさでも問題ありませんが、

A4判の方が書き込める文字量が多いという特徴があります。

スペースにゆとりがあることから、文字も大きく書くことができるため、

A4判が選ばれることが一般的です。

また履歴書のフォーマットについては、JIS規格のものが標準だといわれています。

汎用性が高いフォーマットのため複数の企業に使い回せますが、

自己PR欄が比較的小さめだというデメリットもあります。

もし応募先企業が自己PRを重視しているのであれば、

自己PR欄が大きめの履歴書を探すと良いでしょう。

企業側がHPなどに掲載している履歴書フォーマットを使用する場合も、

企業側にサイズ指定があるかどうか確認のうえ、

指定がなければA4サイズで印刷すると良いでしょう。

 

封筒は履歴書がすっぽり入る角2サイズを選ぼう

履歴書を郵送するならば、折りたたまずすっぽり入る封筒を選ぶ必要があります。

A4判の市販履歴書、もしくは自分でA4サイズの紙に印刷した場合、

すっぽり入るのは角2サイズの封筒です。

色は白か茶色で、中身が透けない厚めの封筒を選びましょう。

宛名書きに失敗することを想定し、複数枚準備しておくことが望ましいです。

封筒に履歴書を入れるとき、そのまま入れるのではなく、

新しいクリアファイルに挟むようにしましょう。

配送中には水で濡れる、折れる、破れるなどのリスクがあるため、

クリアファイルで履歴書を守ることが大切です。

またクリアファイルには添え状(送り状)もつけましょう。

添え状には郵送の日付、宛名、差出人のほか、求人への応募書類を提出する旨を記入します。

パソコンで印刷するか便箋に手書きするか基本的にはどちらでもかまわないため、

自分にとってやりやすい方を選びましょう。

角2サイズ封筒は定形外郵便であるため、重量50グラム以内なら120円切手を用意します。

 

履歴書では手書きとパソコンそれぞれにメリットがある

履歴書を書くさい、サイズ以外に悩むのが手書きにするかパソコン入力にするかではないでしょうか。

応募先企業から特に指定がなければ、自分の書きやすい方を選びましょう。

手書きとパソコン入力それぞれにメリットとデメリットがあります。

手書きの場合、しっかり熱意を伝えることができる、視覚的な工夫をしやすいというメリットがあります。

そのため見栄えの点で他の応募者と差をつけたいならば、手書きを選ぶとよいでしょう。

一方で手書きは、うっかりすると誤字脱字や文字の読みづらさが生じてしまう

というデメリットがあります。

字が下手でも丁寧に書けば問題ありませんが、採用担当者にとって読みづらければ

印象がマイナスになってしまうことを覚えておきましょう。

一方でパソコン入力の場合、入力や修正作業が楽、字が読みやすいというメリットがあります。

パソコンの普及に伴い「パソコン入力だと熱意が伝わらない」という企業はかつてより減ってきましたが、

しかし他の応募者が手書き履歴書を提出してきたさいに見栄えで

差をつけられてしまう可能性があるというデメリットもあります。

もし手書きとパソコン入力どちらにするか迷っているならば、

まずは手書きでチャレンジした方が無難といえるでしょう。

 

ミスがないよう何度も見直しながら履歴書を書こう!

履歴書のサイズを確認し、手書きかパソコン入力か選んだら、

さっそく履歴書の内容を書き進めていきましょう。

手書きの場合、記入にあたっては黒のボールペンを使いましょう。

鉛筆やシャープペンシル、フリクションのボールペンなどは使用できません。

もし誤字脱字などが不安であれば、鉛筆で下書きしてからボールペンで清書し、

鉛筆部分は消すと良いでしょう。

採用担当者が読みやすいよう丁寧な字を心がけるほか、

字が大きすぎるまたは小さすぎることのないよう気を配りましょう。

字をミスしてしまったら、修正テープや修正液を使わず最初から書き直します。

最後まで書き終わったら、誤字脱字や記入漏れのないよう何度もチェックします。

印鑑をおす欄があるなら、印鑑忘れにも気をつけましょう。

履歴書が完成したら、必ずコピーを取るようにしてください。

面接で履歴書の内容と異なる経歴や自己PRを話すと、採用担当者が矛盾に感じ、

心象が悪くなったり詳細の説明を求められたりする可能性があります。

面接前に何度も履歴書の内容を再確認し、矛盾した内容を話さないよう気をつけましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?