Original

【要確認】建設業の転職活動で面接を辞退する時の正しい連絡方法とは

転職希望者が面接辞退をしてしまうのはどんなケース?

せっかく書類選考を通過し、面接の日程が決まったにもかかわらず

辞退してしまう人の理由はさまざまです。

単に「面倒になった」「心変わりをした」だけの人もいるでしょうが、

社会人として望ましい態度とはいえません。

また、転職活動に身が入っていない証拠でもあります。

一方で、「当日になって体調を崩してしまった」「急な身内の不幸があった」などの

不可抗力でキャンセルせざるをえないケースもあるでしょう。

稀なパターンではありますが、予想外のトラブルでの面接辞退は仕方ないともいえます。

よくあるのは「面接が決まった後で他の会社から内定をもらってしまった」という状況です。

内定が出た企業の方が志望する気持ちが強かったなら、「もう他の面接を受ける必要はない」と考え、

キャンセルしてしまう転職者はいるでしょう。

しかし、面接辞退は企業に対してたいへん失礼な行為であり、本来なら許されるものではありません。

そもそも「面接辞退するべきか」という悩みが生まれないよう、

転職活動中は応募する企業のスケジューリングに気をつかうのが賢明です。

 

面接辞退は社会人として重大なマナー違反!

「事情があって面接辞退をするのはどうしようもないではないか」と思う転職希望者もいるでしょう。

しかし、転職活動にかかわった人たちのことを考えると、

面接辞退がいかに重大なマナー違反かが見えてきます。

企業側は面接の日程を適当に調整しているわけではありません。

他の志望者との兼ね合いや面接官の都合などから熟慮して日程は決められています。

もしかすると面接のために大切な仕事を後回しにしてくれたかもしれません。

そのうえで面接辞退をされたら「失礼な人だ」と考えるのは当然でしょう。

また、転職エージェントを利用していた場合には、エージェントにも多大な迷惑をかけます。

面接辞退をしでかすような「常識のない」人材を紹介したことで、

エージェントは企業からの信頼を失う恐れがあります。

今後の取引に影響を及ぼす可能性も出てくるでしょう。

まずは「面接辞退はやってはいけない行為だ」という認識を持つことが大切です。

特に建設業界など、人間性を重視した人材選びを行っている企業では面接辞退者の印象は、

当人が思っている以上に悪く残ります。

 

面接辞退は後々まで影響が出ることもある!

面接辞退をしても正直、あまり影響なく別の会社に入り社会人として暮らせることはありえます。

しかし、大切なのは「面接辞退をされた企業は高確率で志望者を覚えている」という点です。

それほど面接辞退は後味の悪いマナー違反なのです。

社会人である以上、どんな状況で辞退した企業と関わるか分かりません。

たとえば、建設業界で面接辞退をした後、同じ業界に入社したとしたら顔を合わせる機会もあるでしょう。

そんなとき、自分たちが下請けの立場だったら大問題です。

「こんな人間がいる企業に発注などできない」と怒らせてしまうリスクも出てくるでしょう。

また、建設業界同士のつながりも無視できません。

よほど失礼な面接辞退をしてしまうと、「こんなひどい志望者がいた」と

業界内で情報共有されてしまいます。

そうなると、少なくとも同じ業界への転職は困難になるでしょう。

転職エージェントへの影響も懸念材料です。

せっかく紹介した企業で面接辞退などされたら、志望者はブラックリスト入りしてもおかしくありません。

状況次第では即刻契約を切られて、以後は自力での転職活動を余儀なくされます。

 

面接辞退しても印象を悪くしない方法はあるか

面接辞退にはネガティブな影響が少なくないとはいえ、

止むを得ない事情で辞退しなければならないときがあるのも事実です。

なるべく影響を最小限に食い止められるような辞退方法を実践しましょう。

まず、辞退しなくてはならなくなった時点ですぐに担当者へと連絡を入れます。

その際、「理由」や「原因」は簡潔に述べ、ひたすら丁寧に「非は自分にある」と強調しましょう。

なぜ理由を深く述べないのかというと「他の企業と面接が重なって」や「もう内定が出て」など、

詳しく告げれば告げるほど相手を不快にさせる要素が顔を出すリスクが高まるからです。

「一身上の都合で」で押し通すのがマナーだといえます。

トラブルに見舞われた人は「辞退」ではなく「延期」をお願いするのも一つの方法です。

「辞退」といえば「もう面接を受けなくていい」という意味ですが、

「延期」なら「御社をまだ志望したいのでチャンスをまた与えてほしい」と捉えられます。

失礼な提案であるのは同じでも、志望者のやる気を伝えるには延期がおすすめです。

それでも、一番いいのは「面接辞退」そのものをしないことです。

悪い評判が出回らないよう、転職活動中は関係者に非礼がないように立ち回りましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?