Original

建設業への転職を成功へ!建設会社の面接で対策しておきたい4つのこと

よく聞かれる質問の対策!その建設会社を選んだ理由を明確に

面接ではいろいろな質問を受けますが、どの建設会社でも高確率で尋ねられることも存在します。

そのような質問に対する回答をしっかり準備しておくのが、面接対策の基本です。

特に志望動機は代表的な質問なので、事前に回答を考えてスムーズに話す練習をしておきましょう。

建設会社の志望動機としては「大規模な建物を手がけたい」「設計のスキルを高めたい」など、

さまざまな内容が考えられます。

しかしポイントになるのは、その建設会社を選んだ必然性が感じられる内容であることです。

どの建設会社でも当てはまる内容であれば、真剣に転職を希望しているのか疑われてしまいます。

転職市場が活性化しているので、とりあえず多くの建設会社に

応募していると思われることもあるでしょう。

また採用したとしても、働き始めて不満があると、

他の建設会社にすぐ転職すると心配されるかもしれません。

そのような目で見られてしまうと、採用してもらうのは難しくなってしまいます。

説得力のある志望動機を話せるようになることを、練習するときの最初の目標にしてください。

 

企業研究を面接に活かす!施工の実績などをチェック

面接で話に説得力を持たせるには、その建設会社について研究しておく必要があります。

沿革や理念などは建設会社のホームページを見れば掲載されていることが多いです。

主要な取引先なども載っていることがあり、理解を深めるための参考になるでしょう。

特に重要なのは、これまでの実績を把握しておくことです。

採用関連のページには載っていなくても、顧客を対象としたページには

アピールのために掲載されているかもしれません。

たとえば、施工の様子や所有している重機などを、写真で紹介している場合があります。

手がけた建物をジャンルごとに分類して、それぞれの件数を表やグラフにしている場合もあるでしょう。

そのような事実を知っていると、志望動機などを話すときに具体性を持たせられます。

抽象的な話しかできない他の応募者より印象に残りやすく、差別化が可能です。

しっかり調べていることを感じとってもらえると、

その建設会社で働きたいという熱意も伝わりやすくなります。

面接の細かいテクニックを意識する前に、企業研究を行いましょう。

 

笑顔で話す練習!人柄やコミュニケーション能力も大切

建設会社で働くと、多くの人と関わるのが一般的です。

上司や同僚はもちろん、顧客や関連会社の作業員など話す機会がある人は多岐にわたります。

建設現場の近隣住民に挨拶回りや説明会をすることも珍しくありません。

現在より規模の大きな会社に転職するのであれば、関わる人の数もその分だけ増えるでしょう。

そのため面接では、建設関連のスキルだけでなく、人柄やコミュニケーション能力も重視されます。

ただ質問に答えるだけでなく、表情や仕草などにも気を配らなくてはなりません。

面接の練習では、笑顔で話すことを心がけましょう。

緊張するのが普通なので、普段の笑顔で話すのは難しいかもしれません。

顔がこわばって上手く笑えなければ、視線を下げずに口角を上げることを意識してください。

自然な笑顔とはいえませんが、いつも友好的な態度で臨める人物であると印象づけられるでしょう。

クレーム対応など厳しい場面でも、穏やかに対応できそうな人材は重宝されます。

また、敬語を正しく使う練習をすることも忘れないでください。

現在の建設会社で内勤が多い場合は、敬語に不慣れになっている可能性があります。

 

キャリアプランを話せるように!前向きな気持ちをアピール

人間関係や残業の多さに不満があって、転職を検討している人もいるのではないでしょうか。

たとえ本心がそうであっても、それだけを話してしまうと悪い印象を与えかねません。

面接官から見ると、応募者の性格や忍耐力などに問題がある可能性もあるからです。

前向きな気持ちで転職を望んでいることもアピールしましょう。

そこでおすすめなのは、キャリアプランについて話すことです。

転職3年目には施工管理をマスターし、5年目には現場のマネジメントを担当できるようになるなど、

数年先までの見通しを立ててください。

キャリアプランは志望理由のなかに盛り込んでも構いませんし、

他の質問を受けたときの回答として話しても良いです。

たとえば、どのように貢献するつもりか尋ねられたときに答えるのも一つ手です。

ただしキャリアプランであれば何でも良いわけではありません。

建設会社の方針や事業計画と矛盾しないように気を付ける必要があります。

1年単位など細かく話すと、時間がかかるうえに伝わりにくいです。

キャリアの節目をピックアップして、簡潔に話す練習をしておきましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します