Original

面接結果がこない?!建設業界への転職で面接結果が出るまでの期間はどれくらい?

面接結果が出るまでの仕組みを知っておこう

面接結果が出るまでにどんな選考が行われているかは企業によってそれぞれです。

しかし、大まかな流れとしては面接を行った時点で面接官の中での評価は定まっています。

面接が終わった時点ですぐ不採用が決まってしまう希望者も少なくありません。

企業の求めている人材像とまったく異なる場合には、

面接中に不採用を告げられてしまうパターンさえあります。

ただし、大きな問題がなく面接を終えた希望者は他の希望者との比較で次の選考に進むか、

採用されるかの審議にかけられます。

審議では面接での印象度のほか「面接の応対と履歴書の中身に矛盾がないか」

「転勤などの事情に対応してくれるか」などの細かい側面も考慮されます。

企業が求めていた人材だと判断されれば、幹部クラスの社員に確認してもらうため、

最終面接の日取りが組まれます。

ただし、人員補充に急を要する企業では最初から役員面接が設定されることもあります。

役員面接はあらかじめ「採用を了承できるか」という視点で行われているので、

通常の面接よりも通過率が高い場です。

 

面接結果が出るまでの目安は何日くらいかかるのか

面接結果が出るまでの間隔は企業や業種によってまったく異なります。

たとえば、面接に来た人材があまりにも態度が悪かったのでその場で不採用が決まったとします。

すると、当然面接結果が伝えられるまでの間隔も早まります。

一方、面接での印象が良くても次の面接に進める人数が決まっている場合、

他の希望者との比較をしないと結果を出せません。

つまり、予定されている全ての面接が終わらない限り結果は通達されないでしょう。

ただし、面接結果が出るまでに時間をかけすぎると希望者の転職活動が滞ってしまいますし、

企業としても自らの悪評へとつながりかねません。

そこで、早くて3日、遅くても1週間以内には面接結果を伝えるのが一般的です。

面接結果は通常、電話やメールで伝えられます。

次に選考が残っている場合はそのまま日程の調整に入ります。

採用されたときにも具体的な入社時期についての話し合いが始まるでしょう。

一概にはいえないものの、面接結果が出る時期が空けば空くほど採用率は低くなるとも考えられます。

もしも面接での受けがよかったら「他の企業にとられたくない」と思われるので、

結果が出るのも早まるためです。

 

建設業界は面接結果が出るまでに時間がかからない?

建設業界は経歴を問わず、「今、戦力になってくれる人材」を優先して採用する傾向があります。

現在の会社に不満がある建設業界の社員にとっては転職がおすすめです。

また、転職によって若くして出世コースを歩みだせる人もいるでしょう。

建設業界の面接結果が出るまでのスピードは早い方です。

まず、急成長する企業が多い業界であるため、慢性的な人材不足に陥っている点が理由です。

また、人員数と生産力が比例している職種なので、企業力アップには新人の確保が欠かせません。

面接には時間をかけず、有能に見える人材は、

とりあえず入社してもらい育てていくのが建設業界の特徴です。

最終面接から1週間以内に結果が通知されると見ていいでしょう。

そのため、「転職はしたいけど転職活動に時間はかけられない」

「今すぐ収入を増やしたい」という人にも転職のハードルは低いでしょう。

業界全体が転職者に慣れているため、中途採用者でも

受け入れられやすい空気が流れているのもメリットです。

新しい環境に飢えている人は業界内の転職先を詳しく調べてみましょう。

 

面接結果が出るまで間が空いても不採用とは限らない

面接結果がなかなかこなくても早とちりして他の企業を受けない方が賢明です。

間が空いた場合でも採用通知が出されることはありえるからです。

たとえば、最終選考に複数の人材が残っていたとして

企業がとりあえず全員を面接したがっているとします。

しかし、担当者が時間をとれず順番が後の希望者の面接日が先送りになったなら、

当然面接結果も遅れるでしょう。

また、採用と同時に必要書類を用意する企業もあるので、そんなときも時間がかかる可能性があります。

面接結果が出ない時期にも「待ち」でい続ける必要はありません。

メールや電話で進捗を聞くのも大丈夫です。

しかし、「早くしてください」と催促しているニュアンスが伝わると評価が下がりがちです。

「私がメールを見逃したかもしれないのですが」や

「1週間ほどで通知をいただけると聞いたのですが通達がないということは不採用でしたか」など、

相手を急かさない表現を考えましょう。

また、面接結果が出ない間にもリサーチや企業研究などの転職活動は行えます。

万が一、不採用になったらすぐ次の志望先に切り替えられるよう準備を怠らないようにしましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?