Original

建設業界へ転職する方必見!面接時の見られている?カバンのマナーを徹底解説!

建設業界の面接で持っていくカバンはリュックサックでもOK?

建築業界の面接でカバンを持っていく時、どのようなものを持っていけば良いのでしょうか。

スーツで働く仕事であれば黒革のオーソドックスなカバンで決まりですが、

建設業界では現場に出る時、基本的に作業着です。

そのため面接の場でも動きやすいラフな格好が許されるような印象を持つ人も少なくないかもしれません。

しかし、それを理由に面接にショルダーバッグやトートバッグなどで臨むのはやめた方が良いでしょう。

転職先が建設業界であっても面接時の基本的なルールは他の業界と同じと考えてください。

やはりカバンはオーソドックスな黒革カバンを持っていった方が無難です。

下手をするとショルダーバックで面接に臨んだ時点で不採用になる可能性もゼロではありません。

ただし、面接の中で現場見学を行う予定があったり、企業側から「動きやすい服装で」と

指示があったりすればカバンもそれに合わせて機能的なものを用意しましょう。

自分の思い込みだけで行動することだけは避けるようにしてください。

 

転職活動で使用すべきデザインのカバンとは

面接でマナーが良いとされるカバンは具体的にどのようなデザインのものなのでしょうか。

採用担当者の好みにもよるので一概にいえない面はありますが、

派手な色柄のものや、奇抜な形状をしたものはやめた方が良いでしょう。

場合によってはブランド物のカバンもあまり印象がよくないことがあります。

カバンで自己主張をする必要はない、ということを覚えておきましょう。

カバンの色は靴の色にそろえるとぴったりします。

素材もできれば合わせたいところですが、

革靴に合わせる革で良いものがないようであればナイロンでもOKです。

かばんの大きさはA4サイズの書類を折らずに入れることができるぐらいの大きさのものが便利でしょう。

それなりに丈夫なものを購入しておけば、転職活動終了後も仕事で使い続けることができます。

カバンは面接中、足元に置いておくことが多くなりがちです。

床に置いた時にぴしっと立てられるような底鋲がついているものを購入することをおすすめします。

かばんはショルダータイプやリュックタイプではなく、手提げ状になっているものを選びましょう。

面接官への印象が少しでも良くなるような、シンプルで実用性の高いカバンを検討してみてください。

 

面接官の印象アップ!カバンの持ち方・置き方をマスターしよう

いくらセンスの良いカバンを用意したとしても、

カバンの持ち方や置き方のマナーがよくなければ台無しになってしまいます。

まずカバンの持ち方ですが、手持ちスタイルが基本です。

ビジネスバッグは肩にかけるためにベルトがついているものがありますが、

人と応対する時に肩にカバンをかけた状態というのは厳密にいうと失礼にあたります。

面接会場に行くまでの間は肩にかけていても良いですが、

到着したらベルトはカバンの中にしまい手持ちに切り替えるようにしましょう。

このマナーは意外と知らない人も多いのでしっかりと行うようにしてください。

次にカバンの置き方ですが、面接で椅子に座るようにいわれたら、カバンは椅子の横に立てて置きます。

その際、カバンが倒れてしまうとみっともないので、足元を見ながら着席するよう注意しましょう。

カバンを持ったまま着席したり、膝の上に置いたりするのはよくありません。

このような行動を取ってしまうと、面接官はカバンに意識がいってしまい

イメージが悪くなってしまいます。

面接官から椅子にカバンを置いても良いと促されればそれに従いますが、

一般的なマナーとしてカバンは床に置くのが決まりです。

カバンを再度持つタイミングは最後のあいさつを終えてからになります。

椅子から立ち上がり「本日はありがとうございました。」と

お礼を述べた後、カバンを立ったまま持つようにしましょう。

 

カバンが内定を左右する?カバンのマナーはとても大事!

転職活動の身だしなみにおいて、カバンはスーツの次に目立つ部分です。

自分の持っているカバンによって面接官の印象は大きく変わってくることを意識しましょう。

建設業界に限らず、身だしなみのマナーはすべての業界で共通であると心得てください。

身だしなみについて指定されておらず、判断に迷うようであれば

電話などで事前に確認を取るようにしましょう。

事前確認することで企業側に真面目なイメージを持ってもらえる可能性もあり一石二鳥です。

カバンの持ち方・置き方は少し細かい点もあるので、ちゃんと意識できていない人もたくさんいます。

逆にここをしっかりと押さえておけば他の応募者達よりも

マナー面で差をつけることができるかもしれません。

転職業界ではスキルも大事ですが、まずはこういった基本的服装マナーを

地道に身につけることから始めていきましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します