Original

人事評価を高める!建設業界へ転職する際のメールマナーをご紹介!

メールの「件名」と「挨拶」に手を抜かない

多くの企業が転職希望者に対し、メールでの対応を行っています。

面接や説明会の日時がメールで送られてくることも普通ですし、

質問事項があれば転職希望者からコンタクトを取るのも可能です。

志望先にメールを送る場合、おざなりになりやすいのが「件名」と「挨拶」です。

件名に「質問」や「聞きたいこと」など素っ気ない言葉が載っていたら、

担当者は「失礼な人だ」と思うでしょう。まずは自分の名前を名乗り、

「選考過程についての質問である」と分かるように工夫します。

「選考の日程について質問がございます。山田太郎」などの件名が理想です。

挨拶文で多いのが、初めて送る相手に「お世話になっています」

「お疲れ様です」と書いてしまうミスです。

初めて送るメールなら当然「はじめまして」の挨拶が必要です。

また、どのような用件でも自分の名前と相手の名前は必須項目です。

「~株式会社採用ご担当者様/はじめまして/書類選考に応募させたいただいた山田太郎です」を

メール冒頭に載せるのは常識だと覚えておきましょう。

 

長すぎる本文はマナー違反だと思われるかも

転職希望先にメールを送るとき、時候の挨拶などを盛り込んだほうがいいと考える人もいるでしょう。

また、自己アピールがしたくて「私はずっと建設業界で働いてきましたが〜」という風に

長文で思いの丈をぶつけてしまうこともありがちです。

ただし、「転職希望者」と「転職希望先」の関係である以上、メールが不要に長くなるのは厳禁です。

受け取る側の思いを想像すると、長文が送られてきたところで

「この人は熱意がある」とはなかなか考えられません。

むしろ、要件が伝わらない面倒なメールが送られてきたと困惑するでしょう。

自己アピールにせよ、人事担当者は履歴書や面接の機会で希望者を平等に判断しています。

事務的なメールのやりとりで選考を行うことはめったにありません。

質問や連絡のメールは「簡潔に」「言いたいことをまとめる」ことを最優先に書きましょう。

改行や行間などを工夫し、見やすい構成にするのが理想的です。

また、一文一文の長さも適切に区切り、冗長な印象を与えないようにしましょう。

シンプルなメールほど、ビジネスの世界では好印象を持たれます。

 

メールで大切なのは「謙虚さ」と「感謝」の気持ち

企業が転職希望者からメールを受け取ったとき、不愉快な気持ちになることもありえます。

あくまで企業は希望者を「審査する側」であり、いわば上の立場です。

そうした関係性を意識していない文章は企業からの評価を低くする恐れがあります。

特に建設業界は上下関係や礼儀作法を重んじる世界です。

「目上の人を敬えない人間は必要ない」とメールのやりとりで選考対象から外されることもありえます。

転職希望者は常に謙虚さを持ち、謙譲語や尊敬語といった

敬語を正確に使いながらメールを書くようにしましょう。

また、「お忙しいところ申し訳ございませんが」「たいへん恐縮ですが」などの

「クッション言葉」を適度に使用するのも表現をやわらかくするのでおすすめです。

そして、相手に対応してもらった際には「感謝」を述べるようにしましょう。

「お時間いただきすみませんでした」も悪くはありませんが、卑屈な印象を与えかねません。

それよりも「お時間いただきありがとうございます」のほうがきれいな余韻を残すといえます。

表情が読めないメールのやりとりでは、普段の会話以上に

言葉選びが試されていると意識しておきましょう。

 

転職希望者が企業にメールを送る際の注意点

転職希望者にありがちなミスが「分かりきったことを企業に聞く」ことです。

面接の日時や採用試験の内容など、調べればすぐに分かる質問を

わざわざメールで送ってしまうのは印象を下げてしまう行為です。

企業に無駄な労力を割かせるうえ、「この人は話を聞けないのではないか」と疑われてしまいます。

メールを送るときには「本当に聞かないと分からない内容なのか」を確認してからにしましょう。

企業に熱意を伝えたい希望者は「!」などの記号を使ったり、

「必ずや」「きっと」などの断定表現に走ってしまったりするケースもあります。

しかし、社会人のメールマナーとして記号の使用は基本的にNGです。

また、断定が過ぎると誇張表現になってしまい文章全体に軽い雰囲気が漂います。

丁寧かつ平静さを保った文章のほうが「落ち着きがある人材」として好感度は良くなるでしょう。

あまりにもメールを頻繁に送るのも避けておきましょう。

担当者の業務の支障になるとネガティブな印象を持たれます。

転職希望先へのメールでは最低限の往復と文章で済ませられるように努めましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?