Original

転職の面接に役立つ!建設会社へのお礼メールの送り方

面接の後にお礼メールを送るメリットは何?

お礼メールを送る理由はもちろん、合格の可能性を上げること。

面接官へのお礼とともに、熱意をアピールしたり、面接で上手く伝えきれなかった部分を

補ったりすることで印象を良くする、というのが狙いです。

ただし、あくまでも面接の内容が最重要です。

不採用が決定しているのを覆すほどの効果は期待できませんが、

ギリギリのラインにいる場合は採用につながる可能性があります。

面接に最善を尽くした上で、それを後押しするものと考えておきましょう。

 

ビジネスマナーに気を付けてお礼を述べるのがポイント

件名が書かれていないメールは読まないという人もいるので、お礼メールには必ず件名を書きましょう。

面接官には他にもたくさんの仕事のメールが届いているという前提で考えると、

負担をかけないように「○月○日の面接のお礼自分の名前」といった具合で

シンプルにまとめたほうが好印象になる可能性が高いです。

次に文面を書くのですが、文章に入る前に宛名を書きます。宛名には面接官の名前だけでなく、

会社名、部署名も必要です。宛名の後に、いよいよ文章を書き始めます。

文頭は「いつもお世話になっております」といった挨拶から始め、自分の名前を述べます。

そして、面接官にメールの内容を端的に伝えるために、メールの要旨、

つまりお礼を伝えるためにメールを送ったということを記しましょう。

ここまでは、ビジネスメールのマナーに沿って書いただけのテンプレートです。

ここからオリジナルの内容を書いていきます。

まずは面接を受けさせてもらったことへのお礼を述べるのですが、そ

の際に面接の感想や得られたことを書きます。

そして、改めて入社への意欲をアピールしましょう。

具体的な内容を考える際の注意点は、面接で話したことと矛盾しないようにする、

アピールは簡潔にするなどです。

面接が好印象でも、お礼メールで矛盾した内容を書いてしまうと面接での評価が覆りかねません。

また、お礼メールは当然お礼を述べることが目的なので、そこで長々とアピールをするのは場違いです。

あくまでもお礼をメインに書くことが大切です。

その他、面接で上手く伝えられなかった部分があれば補足すると良いでしょう。

もちろん補足もアピールと同様に簡潔にします。最後に文末で改めてお礼を述べて締めます。

ここでも面接の内容を含めるとくどい印象を与えてしまうので、シンプルにお礼を述べましょう。

お礼メールの送り先については面接官に送るのが最善ですが、

連絡先が分からない場合は採用窓口あてに送ります。

採用窓口に送る場合は、文末の前に面接官の名前を記して面接官へと伝えてもらうように書きます。

お礼メールには不採用を覆すほどの効果はないと先述しましたが、

あまりに荒唐無稽なメールを送ってしまうと、反対に合格取り消しという事態になるかもしれません。

マナーをきちんと守り、お礼を述べることに重点を置いて書きましょう。

 

建設会社ならではの内容を含めてお礼メールの効果を高めよう!

どの業界、どの会社でも通じるような文章よりも建設会社ならではの内容を含めると効果的です。

2つ内容の例を挙げます。ひとつは建設業の役割についてです。

建設業は人々の生活基盤を支える仕事をしているので、その役割は社会にとって重要なものです。

建設業界の業界団体である日本建設業連合会(日建連)は、建設業のこれからを示した

「再生と進化に向けてー建設業の長期ビジョンー」において、

「国民が必要とする住宅・社会資本や産業基盤をしっかりと造り、適切に維持修繕・更新を行うこと」や

「国や地域の経済・産業・雇用の活性化に貢献していくこと」などを建設業の役割として挙げています。

こういった役割を理解して、その役割を担いたいという内容を書くことで

責任感・使命感の強さをアピールできるでしょう。

もうひとつは、建設業界の労働者の減少についてです。

日建連の予測では、2014年度の50歳以上の技能労働者153万人のうち2025年度までに109万人が離職、

さらに人口減少の影響で、50歳未満の労働者も少なくなり、

2025年度には全年齢合計で128万人ほどの労働者が減るとしています。

どの会社も技術を引き継いで会社を支えてくれる人材を欲していることが想像できるので、

会社を支えるという思いをアピールすると期待を向けてもらえるかもしれません。

 

お礼メールはできるだけ早く送ろう!でも営業時間外はダメ!

メールを書き終えたら後は送るだけですが、送るタイミングには気を付けましょう。

お礼メールは面接後、できるだけ早く送ったほうが効果的です。

採用が決定するタイミングは、面接者の人数などによっても変わりますが、

早ければ当日や翌日には決まってしまうこともあります。

採用が決定しているところにお礼メールを送るのは入社後の印象を良くするという効果もありますが、

不採用が決定した後に送ってもそれを覆すことはできないでしょう。

しかし、内容を考えていて気付いたら営業時間外になってしまったという場合は

翌日に送ったほうがいいです。

仕事のメールは営業時間内に送ることがマナーなので、お礼メールも同様に営業時間内に送ります。

お礼メールは合否に大きな影響を与えるものではありませんが、

わずかに足りない評価を補う可能性を持っています。

転職を成功させるための決定打になるように、マナーを守る、

内容はお礼を中心にするといった点に気を付けて書きましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?