Original

建設業界に転職なら要チェック!面接時間と内容は?

建設業界に転職する際に気をつけたいポイントは色々とありますが、今回は面接時間と内容というテーマになります。


面接時間については面接にかかる時間だけでなく、面接場所に到着するタイミングや遅刻した場合の対応についても解説します。


面接の内容については自分にとっての理想の環境、業種を追い求めていくスタイルが基本になるでしょう。


建設業界で末永く働くための、より良い転職を目指したい人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

面接にかかる時間はどれぐらい?面接場所に着く時間は早すぎてもダメ!

基本的なことかもしれませんが転職を成功させるためにも、まずは面接の時間についてしっかりと理解しておくことが大事です。


面接の時間は一般的に30分~60分程度といわれており、建築業界もこの範囲に収まると考えて良いでしょう。
しかし、状況によってはそれ以上かかることもあるので、時間を決めつけるのは危険です。
同じ日に複数の面接をセッティングしているのであれば、余裕のあるスケジュールを組むようにしてください。


あまり多いケースではありませんが、面接が10分程度で終わる場合もあります。
このような時は不採用を疑ってしまうかもしれませんが、そこまで気にする必要はありません。


採用担当者によっては合否の判断を即決する人もいます。
特に建築業界は専門的な技術を要する仕事ですので、志望者のスキルや資格などが転職先にベストマッチしていれば、その時点で面接官の心が採用に動く可能性があります。
面接にかかる時間の長さと合否が直結しているわけではないことを知っておいてください。


面接場所に到着する時間については5~10分前ぐらいで十分です。
気合を入れて30分前ぐらいに行く人も時々いますが、あまり早く行き過ぎると採用担当者に迷惑をかける可能性があります。
30分前に着いてしまったら、時間調整して面接場所には10分前ぐらいに訪問しましょう。


ギリギリ1分前に到着するのもNGです。
到着時間をギリギリに設定してしまうと、交通トラブルなどがあった時、遅刻は免れません。
間に合ったとしてもギリギリに来るのは採用担当者からするとあまり良い印象は受けないかもしれませんし、面接に挑む際の心のゆとりも変わってきます。


万が一遅刻をしてしまった時には、まずは率直におわびするようにしましょう。
下手な言い訳を長々としてしまうと「このような性格が災いして転職することになったのか?」と思われる可能性があります。

 

 

面接は今までの経験、資格を武器に対応しよう!他業種への方向転換もあり

どのような業界でもそうかもしれませんが、建設業界では転職理由がとても重要です。
転職理由はできるだけ前向きでステップアップを目指す内容を話すようにしましょう。


小さな会社で現場監督などをやっていると、仕事が激務な割になかなか大きな仕事を担当することができないことがあります。
給料のバランスも悪いかもしれません。
このような不満を解決できる職場かどうかを見極めることが転職を成功させるコツになります。


大手ゼネコン、スーパーゼネコンに転職できれば年収1000万円を越えるのも夢ではありません。
しかしそのためにはそれ相応のスキルが必要になります。


現場監督に従事したことがあるのであれば今まで培ってきた管理能力をアピールしましょう。
監督の経験はないとしても現場の経験が長ければ、対処能力は高いはずですので具体的なエピソードを整理して上手く説明できるようにしておいてください。
客観的に自分の能力を示すのであれば国家資格である宅建や、2級土木施工管理技術資格を持っていれば心強いです。


建設業界は現場仕事だけでなく、経理や営業の仕事もあります。
諸事情により現場からは離れたいものの、建設業界を続けたいのであれば、これらの業種を目指すのも悪くないでしょう。


まったく経験のない他業種でこれらの仕事をやろうとすると、なかなか大変ですが、建設業界のノウハウがあれば比較的スムーズに入ることができます。
経理を目指すのであれば、日商簿記3級などを事前に取得しておくと採用の可能性が上がります。
営業を目指す場合は、現場の経験を活かし、現実的で説得力のある提案をしていくと良いでしょう。

 

 

時間は社会人としての常識を順守!自分のキャリアには自信を持とう

建築業界の面接を受ける際、時間に関する対応は他の業界と同じで問題ありません。
10分前には到着し、心を落ち着けた状態で面接を受けるようにしましょう。


面接にかかる時間は事前に知らされないことがほとんどです。
2時間以上かかるケースも稀にあるようですので、同日に連続して面接する際には十分に余裕のあるスケジュールを検討しておいてください。


面接では自分のキャリア、資格を上手くアピールすることが成功の鍵を握ります。
現場以外の職種に方向転換する場合でも、現場の経験は有用ですので、様々なエピソードを思い出しノートなどにまとめておくと良いでしょう。


「そんなに大きな仕事を請け負ったことはない」、「地方で小さな建設会社だった」などネガティブな考えは捨ててください。
転職活動で一番重要なのは、自分の経験に自信を持つことと心得ましょう。

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?