Original

女性の建設業界への転職に!面接に適したスーツの着こなし方

そもそも面接はスーツが適しているの?建設業界の仕事から見る面接時の服装

建設業界といっても、会社ごとに業務内容はさまざまです。

どのような役割を持った会社に転職したいのかを考慮したうえで、

面接の服装を考える必要があります。

たとえば、設計分野をメインとする企業、または事務職などのホワイトカラー系の職種に関する面接では

スーツが適した服装となります。

しかし、工事の現場で働くことを主要業務とする会社やブルーカラー系の職種に対応した面接の場合には、

必ずしもスーツが適しているとは限りません。

会社や職種によってはスーツ以外の服装が良いケースもあるということも

心に留めておくようにしましょう。

色は黒や濃紺!事務系ならスカート!面接のスーツ選びのポイント

基本的には、建設業界であっても面接の服装として適しているのは「スーツ」です。

特に、営業系や事務系の仕事、規模の大きな会社などではスーツの着用が必須となります。

スーツといっても、色やデザインはさまざまです。

女性が建設業界の面接を受ける場合、

他の企業の面接と同じように一般的な「リクルートスーツ」で受けることがマナーとなります。

公務員や金融などと比べると緩い傾向はありますが、

業界全体的には、比較的堅めな雰囲気を持った服装が好まれがちです。

そのため、色は黒や濃紺、濃いグレーを選ぶと安心でしょう。

スーツのデザインはスカートでもパンツでもどちらでも構いません。

ただし、女性らしい気遣いや対応が求められる事務系を志望する場合には、

スカートの方が印象の良くなる傾向があります。

シルエットは台形でもタイトでもどちらでもよいでしょう。

どのようなシルエットであっても社会人らしく落ち着いた印象を与えるために、

スカート丈は膝丈のものを選ぶことがポイントとなります。

一方、アクティブな業務を目指している人は動きやすい印象を持ったパンツスーツの方が

適して見えることもあります。

スーツの種類だけではない!着こなしのポイントは「清潔感」

スーツの色やデザインだけ完璧にしても、

着用している服の状態が悪ければ面接での印象は悪くなります。

面接へ行く際には「清潔感」を持った服装と着こなしであるかを事前にチェックしておきましょう。

たとえば、シワや汚れがついたスーツでは面接官への印象を悪くします。

事前にクリーニングに出すなどして状態を整えておくことが大切です。

また、スーツのジャケットやブラウスのボタンをしっかりとしめておくこともポイントとなります。

さらに、清潔なスーツを着ていてもサイズが合っていないものを着るとだらしなさを感じさせるため、

自分の体に合ったサイズのスーツを選ぶことも重要です。

ほかにも、スーツの着こなしが正しくても他のアイテムが面接の場に適していないと

印象は悪くなってしまします。

たとえば、ブラウスにも注意が必要です。

面接の場にふさわしい襟付きのものを着るようにし、色は白を選ぶことをおすすめします。

薄いブルーやピンクでもマナー違反にはなりません。

しかし、個性的なファッションが重視されない建設業界では、

清潔感を感じさせて第一印象を良くする白が無難といえます。

また、靴はパンプスを履き、面接へ行く前には必ずきれいに磨いて汚れを落としておきましょう。

指定がないならスーツ!小規模の会社の現場職ならスーツ以外が良い場合も

会社によっては、面接時の服装について指定がない場合や私服を指定されることもあります。

服装の指定がない場合、基本的には、やはりスーツで面接を受けるのが安心です。

スーツを着ていれば社会人としてのマナーを守ることができます。

スーツは社会人としての正装スタイルであるため、

面接官や面接を受ける会社に対して失礼にはなりません。

もし私服を指定された場合には、オフィスカジュアルを目安にし、

スーツスタイルと同様に「清潔感」を意識した服装を選びましょう。

女性の場合、ワンピースにジャケットというスタイルが着こなしやすいスタイルとなります。

また、服装の指定がないケースの中には、スーツスタイルが求められていない面接もあります。

小規模な会社で現場に関わる職種を志望した際の面接がその一例です。

会社によっては、面接を終えた後、実際にそのまま現場へ向かうということもあります。

そのような場合、動きが取りにくいスーツが適さないスタイルとなってしまうのです。

志望する職種が管理職であっても、現場で働く場合には

スーツのようなかしこまったスタイルが職人たちから

管理職然としていると悪く思われることもあります。

男社会の中での女性管理職であれば、

なおさら気遣いを持って服装選びをすることが大切です。

面接の服装選びでは、会社の雰囲気によって臨機応変な対応をすることが重要となります。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?