Original

建設業界の面接で不採用がわかるサイン!転職活動に活用しよう

面接官の「やる気」がなくなるのは不採用のサイン

建設業界は能力次第で早期のキャリアアップを図れる世界ですが、

仕事が忙しいために社員のやる気が問われます。

転職者の面接でもやる気のアピールは欠かせません。

ところが、面接中に面接官があからさまにやる気を失ってしまうパターンがあります。

そんなときは「不採用のサイン」だと気を引き締めましょう。

たとえば、面接官と目が合わなくなり会話が続かなくなったら悪い兆候です。

すでに面接官は「事務的な質問」だけを行って面接を切り上げようと考えています。

質問する声がどことなく棒読みのように聞こえたら、

ますます志望者への関心が失われていると考えていいでしょう。

予定時間を早く終わるのも「不採用のサイン」です。

基本的に面接官は興味深い人材ほど質問を次々にぶつけようとします。

評価が決まった人間に対しては「これ以上の質問は無駄」だと考えるので、

面接も時間がかかりません。

面接官がふざけ始めるのも良くない傾向です。

すでに面接官のやる気がなくなっているので、

適当な会話で時間をつぶそうとしているのです。

たとえ会話が弾んでも仕事に関係がなければ、手応えがあったとはいえないでしょう。

面接で「今後の予定」が聞けないのは残念なパターン

もしも志望者に対し面接官が好感触を抱いていたら、

3つのポイントについて思いをめぐらせ始めます。

「他社にとられないよう確保したい」「具体的に会社のことを知ってもらいたい」

「採用条件について確認したい」の3点を面接官は志望者に伝えようとするので、

面接時間は長く、内容も濃くなりがちです。

逆に、「なんだかあっさりしている面接だったな」と感じたら、

「不採用のサイン」だと解釈していいでしょう。

よく転職者の採用過程で、「次の面接日が知らされない」

「いつまで経っても面接結果が知らされない」という問題が起こります。

しかし、実は採用したいと考えている人材に対して

企業は連絡を怠るような真似をほとんど犯しません。

興味ある人材が他社に流れる前に、スムーズに今後の連絡を行っているからです。

ときには、面接中に「採用」を告げたり、

ほとんど採用に近い言葉を発したりしているパターンすらありえます。

企業面接で今後の予定が一切語られなかったときは、

残念な結果も覚悟しておきましょう。

そして、早めに次の志望先へと頭を切り替えるのが得策です。

面接中に「不採用のサイン」を招く言動とは

面接に呼んでいるからには面接官も

「この人材をじっくり知りたい」という気持ちがあったはずです。

それなのに面接中の「不採用のサイン」が表れるのは、

志望者が失態を犯してしまった証拠かもしれません。

非常に多いケースが第一印象の悪さです。

特にコミュニケーションを重んじる建設業界では、礼儀や挨拶の欠如に敏感です。

面接会場に入室する際のノック、お辞儀、自己紹介に不備があれば

面接官は容赦なく低い評価をつけてきます。

また、面接中の失言も「不採用のサイン」の原因になるでしょう。

「退職理由をしっかり答えられない」

「志望理由について給料や休日のことばかり挙げる」

「言葉づかいがあまりにも稚拙」などは志望者にありがちな失態です。

対策として、事前によくされる質問を調べて答えを用意しておくことを

おすすめします。

「無知」も面接官が嫌う要因の一つです。

建設業界経験者にもかかわらず、まったく専門用語を理解していない志望者を

面接官は「やる気がない」と感じるでしょう。

また、企業の規模や事業内容を知らない志望者も信用されません。

最低限の企業研究は怠らないようにしましょう。

面接中に「不採用のサイン」が出ても挽回は可能?

面接中に「不採用のサイン」が出たら挽回は難しいといわざるをえません。

面接官はすでに目の前の志望者に興味をなくし、

他の志望者について思いをめぐらせています。

一度失った信頼を取り戻すのは至難の業でしょう。

しかし、どうしても入社したい企業の面接を途中であきらめてしまうと

大きな後悔が残ります。

すっきりと面接を「やり遂げる」ために、

最後まで挽回のチャンスにすがるのも間違いではありません。

具体的な方法としては、「至らなさを認める」ことが挙げられます。

もしも失言を犯した自覚があるなら、すぐに謝罪をしましょう。

下手に言い訳して自分を取り繕うよりも挽回できる可能性は残ります。

萎縮せずに面接官とコミュニケーションを図るのも方法の一つです。

相手が自分への興味を失っているなら、

振り向かせるために会話を成立させようと努力しましょう。

そして、最後のチャンスともいえる「逆質問」です。

多くの面接では「そちらから何か質問はありますか」という「

逆質問」でしめくくられます。

鋭い質問を投げかけられれば、面接官に見直してもらえる場合もあります。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?