Original

建設業界への転職で!面接官に名刺を渡された時の対応マナー

面接を受ける側は名刺を受け取るだけでOK!

通常、名刺は【目下の人が先に渡すのが礼儀】です。

そのため、「面接官から名刺を渡されるケースがあるなら、

とりあえずこちらから名刺を渡した方が良いのではないか」と考える人がいるかもしれません。

しかし、転職時の面接において、【面接を受ける側の人から名刺を渡すのはNG】です。

名刺というのは身分証明であると同時に、その企業を代表していることを表すものでもあります。

転職はあくまでも個人の問題なので、現在勤めている企業は関係ありません。

したがって、面接を受ける側から面接官へ先に名刺を渡す行為はマナー違反と考えられます。

これまでの職歴上、

ビジネスシーンで名刺を交換する機会が多かった人は慣れるまでに時間がかかるかもしれませんが、

転職における面接では基本的に面接官から出された名刺を受け取るだけでOKです。

ただし、面接官が面接を受ける人の情報を得る目的で名刺の提示を求めるケースもあります。

ですので、勤務しながら転職先を探している人は、念のために現職の名刺を携帯しておくと良いでしょう。

名刺のもらい方のポイント1「受け取り方」

面接官から名刺を渡された時に注意するポイントの1つ目は「受け取り方」です。

その中でも最も注意するのは【必ず両手で受け取る】ということです。

間違っても片手で受け取るようなことはしてはいけません。

面接官に「ビジネスマナーが全くわかってない人」だと思われて印象を大幅に悪化させてしまうでしょう。

また、受け取る時は【ありがとうございます。頂戴いたします】のように、

お礼を言いながら一礼して受け取るのが基本です。

しかし、丁寧にしすぎて過剰に頭を下げるのも、

媚びを売るように見えてあまり印象が良くないので気を付けましょう。

名刺を受け取るときの注意点としては、他にも、

両手で受け取る際に【相手方の名前や企業のロゴに指をかけて隠さない】というものがあります。

名刺は企業を代表する相手の顔と呼べるものです。

常に敬意をもって扱うことが求められます。

名刺のもらい方のポイント2「どこに置くか」

名刺を無事に受け取っても、すぐに名刺入れにしまってはいけません。

そのようなことをしてしまうと、これもマナー違反だとみなされます。

面接会場にもよりますが、面接官との間に机があれば、

その上に【自分から見て左側】へ面接が終わるまで置いてください。

右利きの人はつい右側へ置いてしまいがちですが、

日本では古代から「左上右下(さじょううげ)」と呼ばれる言葉があるように、

左右で比べると左側の方が格上として扱われるからです。

また、もしも面接官との間に机がない会場で名刺を渡された場合、

【名刺に一通り目を通した上で】名刺入れにしまってください。

名刺は相手の顔にあたるものですので、

目を通しもせずにすぐ名刺入れに入れてしまう行為も失礼にあたるため、気を付けましょう。

転職用の個人名刺を作ってみるという方法も

転職時に面接を受ける側が名刺を渡す必要は基本的にありませんが、

これまで名刺を交換してきた習慣が染みついている人は手持無沙汰を感じるかもしれません。

そのような時には、転職における面接用に【個人名刺】を作っておくという方法もあります。

個人名刺であれば、先ほど述べた「個人で面接を受けている」という趣旨にも反しないので

面接時に名刺交換をしてもマナー違反ではありません。

個人名刺に記載しておく事項としては、

【自宅の住所】【電話番号(携帯電話番号)】【メールアドレス】などです。

あくまでも個人で作成している名刺ですので、【肩書】は記載しないように気を付けましょう。

個人名刺はパソコンとプリンターがあれば自宅でも作成することができます。

また、電気店やホームセンターなどで販売している「名刺用の用紙」には

テンプレートを使用できるものがありますので、利用してみるとより簡単に作ることができるでしょう。

名刺は相手の顔であるという認識をもって、丁寧に扱おう!

転職は人生の中でも大きな決断の一つです。

しかし、今勤めている会社の条件に不満があるのであれば、

人手不足が叫ばれている建設業界ではより良い待遇の企業を探しやすいでしょう。

ただし、いくら条件の良い企業を見つけても面接に合格しなくては意味がありません。

せっかく見つけた第一志望の転職先の面接に合格するためにも、

些細なことまでしっかりとシミュレーションして対策を練っておくことは、

自分自身の将来に大きな影響を与えるかもしれません。

名刺を面接官から渡される可能性があるのは、面接冒頭です。

つまり、名刺の受け取り方一つで相手に与える第一印象が変わってしまう危険性があります。

名刺は相手の顔であるという認識を常に持って、敬意を払いながら扱うようにしましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?