Original

面接結果に影響する?建設業界への転職で伝えるべき退職理由

建設業界の面接で退職理由が問われるのはなぜ?

多くの会社では中途採用者に対して前の会社の退職理由を追及してきます。

なかでも、建設業界では面接官がより細かく理由を質問してくると考えていいでしょう。

その理由は、まず建設業界ではコミュニケーション能力を非常に重要視されているからです。

現場で働くなら共同作業を苦にしないだけの協調性が必要です。

営業として顧客を回るなら「この人の会社に仕事を任せてもいい」と思われるだけの

対話力が求められます。

建設業は個人や企業の将来に大きな影響を与える大切な仕事です。

コミュニケーション能力に問題があって前の会社を辞めた人材を獲得し、

新しい職場でトラブルを起こしてしまうと会社の評判に傷がつく可能性もあるのです。

退職理由は「やる気」を見極めるバロメーターにもなります。

建設業界は顧客の要望に合わせて忙しさを極めることも珍しくありません。

「やる気」のない人材が続けていくのは難しいでしょう。

もしも説得力のない理由で前の会社を辞めていたら、採用をしぶるのも当然の判断といえます。

建設業界での転職を考えている人は退職理由もしっかりと用意しておきましょう。

面接官から悪い印象を抱かれにくい退職理由

建設業界への転職で、前の会社の退職理由を述べるときはなるべく印象を下げない内容を考えましょう。

ポイントはいくつかありますが、第一は「前向きな理由」であることです。

「仕事内容についていけなかった」「モチベーションが上がらなかった」などの理由は

「この人に社会人としての能力が欠けているのではないか」と疑われかねません。

あくまでも「この転職は自分にとってプラスだと信じている」と面接官に伝えるのがおすすめです。

「仕事が自分に向いていると思った」「よりやりがいを持って働けると思った」などの

前向きなニュアンスを退職理由に含めましょう。

第二に「前の会社の悪口を言わない」ことです。

確かに、「給料が低い」「残業代が出ない」などの労働環境が酷い会社に勤めていたら

退職理由としては十分です。

しかし、それをストレートに面接官へと伝えてしまうと

「責任転嫁している」「うちに入社してもすぐに不満を抱くのではないか」と

ネガティブに捉えられる恐れがあります。

前の会社の批判は転職の面接でポジティブに働くとは考えにくいものです。

悪口をぐっと堪えて、むしろ「お世話になった」と言うくらいでもいいでしょう。

人に言いにくい退職理由は嘘をついてもいいの?

「退職理由は面接官に好印象を与えるべき」と書くと、

「なら嘘をついてもいいのか」と疑問に思う人もいるでしょう。

面接において、質問にどう答えるかはグレーな部分でもあります。

あまりにも正直に答えすぎて評価を落とすケースもないわけではありません。

たとえば、前の会社で「上司と喧嘩をして退職した人」なら、

真実をそのまま伝えないほうが得策です。

「喧嘩早い人は新しい職場でも揉め事を起こすのではないか」と面接官を不安にさせてしまうからです。

しかし、本当の自分と180度違うキャラクターを作り上げようとしてもボロが出てしまいます。

面接官は人を見抜くプロフェッショナルであり、嘘や誤魔化しは高確率でバレます。

また、自分を偽ると無意識のうちに履歴書や面接で矛盾点を生み、面接官の信頼を失うでしょう。

自分にとって不利になる情報をすすんで口にする必要はありません。

しかし、どうしても告白しなければいけない場面に出くわしたら

マイルドなニュアンスに置き換えるのがおすすめです。

「前の上司と喧嘩した」なら「仕事に対する考え方が一致しなかった」など、

面接官を不快にさせない言葉で説明しましょう。

面接は態度も見られている!退職理由の伝え方

退職理由を述べるときの態度も面接官は注目しています。

もしも「嘘っぽいな」「何か隠しているな」と悟られたら評価を落とす可能性もあります。

また、自分では正直に話しているつもりなのに「態度が良くない」と思われる人もいるでしょう。

退職理由は面接官にとっても集中して聞きたい部分なので伝え方を非常に観察されています。

毅然とした態度で堂々と話すようにしましょう。

ポイントは「面接官をまっすぐ見て話す」ことです。

人は嘘をつくとき目が泳ぐといわれます。

逆に、本当のことを話すときほど視点は揺るぎません。

面接官と目線がぶつかると威圧的になりがちなので、面接官の首元を見て話すと誠実な印象を与えます。

話すテンポも重要です。

早口すぎると予行演習どおりの言葉をこなしているように見せるかもしれません。

また、緊張感が露骨に伝わってしまいます。

落ち着いたテンポではっきりと言葉を伝えるように意識しましょう。

そして、面接官と「会話をすること」を心がけます。

面接官の言葉をさえぎったり打ち消したりせず、

言葉のキャッチボールを続けると好印象を抱かれるでしょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?