Original

面接で短所を聞かれたら?採用担当が知りたいこととプラスに変える答え方

面接で短所を聞かれたら?採用担当が知りたいこととプラスに変える答え方

建設業界の転職者面接では人間性についての質問が多い傾向が見られます。

コミュニケーションが重んじられる建設業界では、

技能や経験以上に「職場に合った性格」の人間が歓迎されるからです。

そして、面接でよくある質問の一つが「あなたの短所を教えてください」でしょう。

短所を教えることを躊躇する志望者もいるでしょうが、面接官には意外な狙いがあるのです。

ここでは、転職面接で「短所を聞かれる理由」と「答え方」を解説します。

短所を聞かれるのは自己分析の結果を知るため

建設業界の面接では、経歴を深く追求しないかわりに志望者の人間性が深く掘り下げられます。

「あなたの短所を教えてください」という質問も、本当に短所を知りたいわけではありません。

短所をどう答えるかで志望者の自己分析の成果が分かるからです。

自己分析とは、自分の性格や得意分野を把握するためのプロセスです。

これまでの人生で経てきた成功体験や学びを元にして、自分自身を深く掘り下げていきます。

自己分析がしっかりとできている人間は適性を見誤らずに仕事を選べます。

また、面接官からしても自分自身について語る言葉に一定の信頼を寄せられるでしょう。

しかし、長所を語りたがる志望者はたくさんいますが、短所は目を背けられがちな要素です。

それだけに、短所を正確に述べられる志望者は面接官の印象に残ります。

そもそも短所は「欠点」とは別物です。

状況によっては短所と思っていた部分が武器になることもあります。

面接で短所を聞かれたら、堂々と答えられるように準備しておきましょう。

短所はどうやって答える?自己分析が上手くいくコツ

短所を見極めるには自己分析が重要です。まず、「長所」や「短所」を特に意識せず自分の人生を振り返り、トピックを集めていきましょう。部活や仕事で目立った成果を挙げたことだけでなく、日常的な出来事でもかまいません。これまでの人生で思い出深い出来事をリストにします。紙に書くなどすればより自己分析ははかどります。 それから、「人生の出来事」を客観的に観察して「傾向」を探し当てましょう。先入観なく冷静に人生と向き合うのがコツです。「自分は考えるより行動するタイプだ」「自分は感情に流されやすい」というふうに、自分自身をあたかも別の人間であるように掘り下げられるでしょう。 長所にせよ短所にせよ、探し当てるには「根拠」が必要です。「あのときこんな行動をとったから自分はこんな人間なのだ」という「根拠」があれば、自己分析の信頼性は高まります。可能なら、自己分析の結果を家族や友人に確認してもらうのもおすすめです。自分ではピンとこない結果が出ても、第三者の目からすると「当たっている」と思われる場合もあるでしょう。

長所と短所は紙一重!面接でプラスに答えるコツ

自己分析を行うと自分の言動が特定の「傾向」に基づいていると理解できます。

つまり、自分が正しい行いをしたときも、

過ちを犯したときも「根拠」は似ている場合が非常に多いのです。

すると、長所も短所も紙一重だという事実に気づくでしょう。

ここまで分かったら、面接で「短所を教えてください」と聞かれたときの対策が自ずと見えてきます。

いくら面接で正直に答えようとしても、自分で自分を貶めるような短所の答え方はおすすめできません。

極端な話、「私は御社に相応しい能力がありません」と面接官に聞こえるような発言は

自分の首を絞めてしまいます。

しかし、長所と同じ「傾向」に基づく短所であれば面接官はそれほど悪い印象を抱かないでしょう。

たとえば、「感情を優先させる」傾向がある志望者がいたとします。

「思いやりがある」「義理堅い」などは紛れもない志望者の長所です。

一方で「熱くなりやすい」「情に流されやすい」といった短所も、

「感情的である」という面では長所と変わりがありません。

志望者の人間性を立派に説明していますし、面接官によっては興味深いと思ってくれるでしょう。

短所を答えるときのNG!自分を偽ってはいけない

転職面接で短所を答える際には「矛盾」が生まれないように気をつけます。

たとえば、長所として「協調性がある」と答えていた志望者が

「私の短所は一人で突っ走ってしまうところです」と発言すれば、内容が矛盾しています。

面接官は「いずれかが嘘なのではないか」と疑ってしまうでしょう。

他の質問にも嘘をついている可能性を探られ、面接全体が悪い方向に流れる恐れがあります。

「矛盾」が生まれるのは、無理のある答えを用意してしまうからです。

自己分析とは程遠い答えを考えても、どこかでボロは出ます。

ましてや面接官は人を見極める専門家です。

人間性を重視している建設業界であれば、より面接官の視点は厳しいと考えられるでしょう。

面接官から印象を悪く持たれないように、短所を答えるときも表現を多少やわらかくするのはアリです。

しかし、まったく自己分析を違う内容にすりかえるのはおすすめできません。

面接官も志望者を陥れるために短所を聞きたいのではなく、

志望者の人間性の奥深さを確認したいのです。

一見、ネガティブに聞こえるような質問に対しても、背伸びせず正直に答えたほうが最終的には吉と出やすいでしょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?