Original

建設業界へ転職するための面接で!長所と短所の伝え方

面接の前準備としてやっておきたい3つのポイント

建設業界内での転職を考えている人にとって、

面接で好印象を与えることは何よりも重要となります。

同じ業界内の面接に挑む前の準備として、大切なポイントを3つ紹介していきます。

まず1つ目は、「自分のやりたい仕事」を明確にすることです。

漠然と「今とは違う会社に就職したい」ではなく、

「建設業界で○○といった業務に関わりたい」と具体的に伝えることを心がけましょう。

もちろん、現職の経験を活かせる会社への応募は有利となります。

また、今とは異なる職種を希望する場合も「新しいことにチャレンジし、会社に貢献したい」と

アピールすることができれば面接官に好印象を与えることができるはずです。

2つ目は、自分の希望にあった働き方のできる会社を探すことです。

転職する上で自分が何を重視したいのかしっかりと考え、

それを実現できる会社を見つけることを心がけましょう。

例えば、「高い給与」「充実の保証制度」「安定した休暇」など、いくつか条件がある場合は、

それぞれに優先度をつけることで、自分にぴったりの会社に出会うことができるはずです。

そして3つ目は、「自分の長所と短所を知る」ことです。

人は誰しも長所と短所があり、それが建設業界でどう影響するのかを掘り下げて考えてみましょう。

そうすることで、説得力のある言葉で伝えることができるはずです。

長所は具体的な業務と関連付けて伝えよう!

建設業界で評価の高い長所としては

「行動力がある」「期日をしっかりと守れる」「責任感が強い」などが挙げられます。

モノを作るという仕事柄、スケジュールに沿って確実に業務をこなしていくスキルが

必要不可欠となるからです。

よって、長所をアピールする際は、具体的な業務と関連付けて伝えることをおすすめします。

例えば、「私の長所は行動力がある点です」だけではなく

「私の長所は行動力がある点です。

 以前の職場でも作業効率をアップさせるために積極的に上司や同僚に働き方に関する提案を行ってきました。

 転職後も与えられた仕事を確実にこなすことはもちろん、

 より良い職場環境にするために積極的な行動を心がけていきたいと思います」とすることで、

より訴求力の高いアピールとなるでしょう。

短所はネガティブな印象となりすぎないように意識しよう!

面接では長所と共に短所についても質問されるケースがあります。

短所とは自分のウィークポイントとなるため、どうしてもネガティブな印象が強くなってしまいます。

よって、短所を伝える際は、それを改善するために努力をしている点もアピールできると良いでしょう。

例えば、「コミュニケーションが苦手」な点が短所だとします。

面接で「私の短所はコミュニケーションスキルです。前職でも人間関係がうまくいかず、転職という道を選択しました」とありのままを伝えてしまうと、

どうしてもマイナスの評価となります。

一方、「私の短所はコミュニケーションスキルです。自分から話しかけるのは得意ではありませんが、おはようございます。お疲れ様ですといった挨拶だけは積極的にすることを心がけています」とするだけで、

グッと前向きな印象となるはずです。

短所は誰しも持っているものなので、不自然に隠す必要はありません。

面接では伝え方を工夫することを意識しましょう。

建設業界内での転職を成功させてプライベートを充実させよう!

もし今の職場で残業が多く、家族と過ごす時間が十分に取れないと悩んでいるのであれば

建設業界内での転職はおすすめです。

マンションの改修などは、騒音の関係で周辺住民への配慮が強く求められます。

そういった仕事がメインの会社では労働時間がしっかりと区切られているケースがほとんどで

残業もほぼありません。

よって、仕事がある日の夜も家族との時間をしっかりと確保することが可能です。

また、これらの会社の多くが土日を休みに定めており、

週末に家族とゆっくり過ごすこともできるはずです。

プライベートな時間を充実させることで、生活にもメリハリが生まれ、

それが仕事へのモチベーションに繋がるのではないでしょうか。

これまで紹介したような面接を突破するためポイントを押さえ、新しい生活を手に入れましょう。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?