Original

面接の合格フラグは何?建設業界の転職を有利に進めるテクニック

自分の強みや特技を活かせる転職先を探してみよう!

未経験者の転職と違い、同じ業界内での転職をする場合は即戦力を求められるケースが多々あります。

よって、これまでの経験や自分の強みを活かせる転職先を探すことが、

理想の職場に出会うための第一歩となるでしょう。

そこで大切となるのが、転職先の募集要項にしっかりと目を通すことです。

転職先を探すうえでは、どうしても待遇や給与などが気になりますが、

それと合わせて「どんな人材」を採用しようとしているのかチェックするのです。

例えば、「施工管理」に関する資格を取得していることは、建設業界での転職には非常に有利となります。

しかし、「電気工事士」の募集がメインの会社では、その強みを十分に活かすことができません。

また、もし内定をもらっても、実際の業務内容にギャップを感じてしまうこともあるでしょう。

よって、面接に臨む前に、必ずその会社が求める人物像を掴み、

マッチング度の高い企業に応募するのがおすすめです。

具体的な実績を盛り込んだアピールをしよう!

面接では建設業界での具体的な実績を盛り込んだアピールができると良いでしょう。

自分が施工に関わった建物を伝えるだけでなく、

「どんな立場で仕事を行ってきたのか」「苦労した点、工夫した点は何か」といった経験に基づいた話ができると、

採用担当者にわかりやすく訴求することができるはずです。

実際にどのようなストーリーにすればよいのか、例文を紹介します。

 

「私は○○という建物の土木・基礎工事を担当しました。

 約5年間の見習い期間を経て、はじめて現場のチーフとして関わった仕事となります。

 これまでは与えられた仕事をただひたすらこなすことが多かったですが、

 管理者だからこその苦労があることに気付きました。

 ただスケジュール通りに仕事をこなしていくだけでなく、

 スタッフが働きやすい職場になるよう日々問題点を見つけ、

 それを改善する努力を行ってきました」

 

このように、ただ実績のみを述べるだけでなく自分の関わり方を具体的に伝えることで、

生き生きとしたアピールとなるはずです。

転職の理由は前向きな印象を持ってもらうことを意識しよう!

転職を決意する理由は人それぞれです。

また、転職理由の中には「今の職場の待遇に満足していない」「人間関係がストレスとなっている」など

不満が発端となるケースも少なくありません。

もちろん、これらの不満をモチベーションにすることで転職活動に打ち込めることもあるでしょう。

しかし、面接の場でこういった不満を伝えてしまうことは逆効果です。

面接では本音と建前を上手に使い分けることが好印象を持ってもらうための大きなポイントとなります。

例えば、「給与が低い」ことが転職の理由だったとします。

そんなとき「現在の仕事より御社の方が、給与水準が高かった点が魅力に感じました」と伝えるだけでは、

採用担当者の心を動かすことはできません。

一方、

「私は転職業界でのキャリアアップを目指し○○という資格を取得しました。

 御社では事業を拡大するにあたって○○の資格取得者を積極的に採用していると伺っています。

 私もこれまでの経験と知識を活かし、御社に貢献していきたいと思っております」

と伝えた場合はどうでしょうか。

採用する相手の立場になって転職理由を伝えているため、より説得力のある内容となっているはずです。

このように、言い回しを少し変えるだけでグッと前向きな印象となることが可能となるでしょう。

面接の合格フラグ?採用担当者の興味を引き出そう!

面接の合格フラグを立てるためには、採用担当者の興味を引き出すことが大切です。

「この人と一緒に働きたい」「会社に利益をもたらしてくれそうな人材だ」と思わせることができれば、

合格へ大きく近づくことができるでしょう。

そのためには、伝える内容はもちろん、その伝え方も重要なポイントとなります。

まず、内容に関しては建設業界すべてに当てはまる当たり障りないものではなく、

その会社ならではの取り組みや業績を意識しながら話しましょう。

そうすることで「この会社に転職したい!」という本気度を伝えることが可能となります。

また、面接前に、声に出して練習するのもおすすめです。

頭で考えているだけでは実際に話そうと思ったときに、うまく言葉にできないケースもあります。

自信を持って当日を迎えるためにも、しっかりと練習して本番に臨みましょう。

等身大の自分で勝負することを心がけよう!

「この会社に就職したい」という気持ちが強くなりすぎるあまり、

面接で自分を大きく見せてしまいたい欲求に駆られることもあるでしょう。

しかし、経験豊富な採用担当者にはそういった作り物の自分は見抜かれてしまいます。

また、仮に内定を貰えたとしても、実際に働き始めてから苦労することになるかもしれません。

よって、等身大の自分で勝負することを心がけましょう。

転職活動では華やかな実績や高いスキルが評価されるだけでなく、

実直な人間性や親しみのある人柄なども大きな強みとなります。

これまでの自分の経験に自信を持ち、

面接に向けて準備をすることで納得のいく転職先に出会うことができるはずです。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?