Original

建設業界の健康を守れ!メタボが病気の第一歩・・

メタボかも…ポッコリお腹のアナタ必見!

メタボが多い業界第一位となっている建設業界。内臓に脂肪が溜まることで引き起こされるメタボ。

あなたの内臓脂肪は、大丈夫ですか?

肥満は、食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足や寝不足、喫煙、ストレスなど生活習慣の乱れによって起こ

ります。体力を多く使う建設業界では、食べ過ぎや飲み過ぎが大きな原因になると考えられます。

進行すれば、のちにメタボといわれる生活習慣病となり、体に悪影響しか与えません。

では、内臓脂肪が蓄積されると一体どうなるのか、一緒に見ていきましょう。

内臓脂肪の蓄積から、メタボははじまる・・

建設業界で働く方々は、コンビニで手軽に買って食べられるインスタントラーメンや、菓子パン、ま

たはファーストフードなど、塩分の多い食事や高カロリーな食事をとる場面が多いかと思います。

また、大事な水分補給も、ついつい水だけでなく、清涼飲料水などを摂取しているのではないでしょ

うか。

これらの食生活が内臓脂肪を溜め込む原因となり、蓄積されることで、インスリンの動きが悪くなり

ます。悪化状態が続くと、血糖が上がる、血圧が上がる、脂質異常などの症状が起こり始めます。

そして、内臓脂肪型肥満且つ、この血糖・血圧・脂質の3項目のうち、2項目以上に異常がみられる

と、メタボと診断されるのです。

肥満があらゆる病気を引き起こす!

建設業界では、ポッコリお腹が気になるなぁと思いながら、現場で仕事をしている方もいるのではな

いでしょうか。 あなたは、『メタボリックドミノ』という言葉を聞いたことがありますか。

メタボが進行すれば、動脈硬化へとつながり、最終的には、心筋梗塞や脳梗塞などの命に関わる大き

な病気へと発展してしまいます。

このように肥満からはじまり、さまざまな病気に起因していく悪影響な連鎖反応が起こっていくこと

を、ドミノ倒しに例えて、メタボリックドミノと呼ぶのです。

メタボを生み出す最初のドミノの駒が「肥満」であり、この駒を倒さないことが重要です。

建設業界でメタボリックドミノが倒れる前に!

最初のドミノを倒さないようにするための方法はズバリ「食生活の見直し」です。

食べすぎを意識して腹八分目までに抑えたり、消化のされづらい早食いの食べ方を控えるなどから始

めていきましょう。

メタボの原因ともなる内臓脂肪は、とても付きやすく、落ちやすい特徴があります。これを見逃さな

い手はありません。食生活を少し見直すだけでも効果が得られるのです。

また、肉類や揚げ物を食べる回数を少し減らし、メニューの基本を和食にするなど、建設現場でのお

昼ごはんを健康的な食事に変えてみるだけで、メタボの改善につながります。

和食は、脂肪が比較的少なく、食物繊維が多い食事です。さらには、さまざまな栄養素をバランスよ

く摂れるのです。

一人で始めるのが難しい場合は、建設業界で一緒に働く仲間を誘ってみてはどうでしょうか。

メタボが解消されれば、病気のリスク回避はもちろんのこと、体も軽くなって、建設現場での仕事も

しやすくなります。

建設業界のメタボから一抜けを叶えてください。そして何より自分の健康のために!

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?