Original

鳶の仕事ってかっこいいけど実際どうなの?仕事内容や資格とは

鳶職の仕事内容とは

鳶は、高い場所で作業をする専門性を持った職種です。 鳶の仕事は、いくつかの専門分野に分かれて

おり、「足場鳶」「鉄骨鳶」「重量鳶」などが挙げられます。

 

■現場の土台を支える鳶の中でも基礎的存在「足場鳶」

建築や土木現場で作業用の足場・枠組み足場を組み立てます。 後から作業に入る他の職種の職人が、

スムーズに作業が行えるようにするのです。また、コンサートのステージを足場で組み立てるのも鳶

の仕事です。

■高所で大活躍。鉄骨組立てのプロ「鉄骨鳶」

建築現場で骨組となる鉄骨を組み立てる仕事です。鉄骨をクレーンで吊り上げて、高所で組み立てを

行います。

■ミリ単位の精度が求められる「重量鳶」

橋梁の現場で主桁架設を行ったり、建物内部の大型機械などの重量物の据付を行ったりします。ダム

工事などにも携わります。

 

鳶は、どの業者よりも先に工事現場に入ります。鳶の仕事があってこそ、工事が進んでいくのです。

ただ、高いところが平気な方でないと、鳶の仕事は難しいでしょう。 また、命の危険を伴う可能性が

高い仕事ということを十分に理解しておくことが大切です。

鳶になるためにはまずは見習いから!取れる資格や種類をチェックしましょう

鳶は、誰でもなることができ、学歴もスキルも関係なく始められる仕事です。 まずは、見習いからは

じめて、必要な資格を取得していきます。 資格を取得すればするほど、できる範囲は広がり、もちろ

ん給与アップにも繋がります。では、一体どんな資格があるのでしょうか。

資格には、国家試験がある「免許」や、講習を受けるだけで取得できる「技能講習」「特別教育」な

どの種類があります。 資格の効力の強さとしては、以下のようになります。

免許 > 技能講習 > 特別講習 > 安全衛生教育

 

鳶として見習いから始める方は、まず「玉掛け」という資格を取得します。 次に「足場の組立て等作

業主任者技能講習」、そして「建築物等の鉄骨組立て等作業主任者技能講習」を取得します。

 

・玉掛け

クレーン等で重い荷を吊り上げる時にクレーンのフックに荷を掛けたり、外したりする作業のことで

す。

18歳以上であれば、受講可能です。

 

・足場の組立て等作業主任者技能講習

高所作業用に組立てられる足場を用いる作業において、作業の方法や指揮、工具等の点検、安全帯や

保護帽の使用状況などの監視・指導などを行います。

受講する為には、足場作業の経験が3年以上必要です。

 

・建築物等の鉄骨組立て等作業主任者技能講習

建築物の骨組みとなる金属部分の組立て・解体・変更などにおいて、安全面などの監督・指導にあた

る責任者です。

受講する為には、鉄骨に関する作業経験が3年以上必要です。

 

上記3つの資格は、鳶になるなら、必要最低限持っておくべき資格になります。 その他にもさまざまな

資格が存在しますが、それはまた別の時にご紹介します。

また、将来鳶の親方として独立する為には、「とび一級技能士」という国家資格が必要です。

ただ18歳未満の者が高所作業に従事することは、法律で禁じられているため、18歳に満たない期間

は、地上での作業を行っていくことになります。

簡単ではないし責任は重大だけど、求められるからこそ憧れる「鳶」

「鳶」の仕事といっても、さまざまな分野に分かれ、ここでは紹介しきれない資格も多数ある奥が深

い仕事です。 足場を組むということは、他の職種の職人の方の命も預かるということです。 責任は重

大なもので、作業の用途にあった足場を組む必要があります。 一人前になるまでの道のりは、決して

簡単ではありません。 しかし、長きにわたり残る数々の建造物に携われることは、大きなやりがいへ

と繋がるでしょう。 これから転職を考えている方は、是非参考にしていただき、鳶職人としての活躍

を叶えてください。

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?