Original

建設業の経験を生かす!転職の面接に使える自己PR

転職の際には性格の良さを自己PRするだけでは面接官の印象に残りません。
肝心なのは「これまでの経験」を実証することです。


多くの企業は転職者に「経験値」を期待しています。
今まで積み重ねてきたスキルを自社で発揮できる人に採用を伝えたいと考えています。
部門によってさまざまなスキルを要求される建設業では、より「経験」が重要視されるでしょう。


ここでは、建設業の転職で自己PRに使える経験を4つに分けて紹介していきます。

 

経験に裏打ちされたリーダーシップを自己PRする

建設業では社員間の統率が取れる人材を重宝しています。


建設業はチームワークであり、有能なリーダーがいなければ現場は立ち行きません。
また、営業や技術職など部門同士の連携が取れずに工期が遅れてしまいがちです。
全体を見渡しながら、的確に指示を出せるリーダーは職場に不可欠でしょう。

ところが、建設業では有能なリーダーを簡単に輩出できない傾向があります。
担当部署の仕事を覚え、他の部署からも信頼を置かれるようになるまでには長い年月がかかるからです。
また、人材の入れ替わりが激しい業界だけに、優秀なリーダーほど他の企業に引き抜かれてしまうのも珍しくありません。


そこで、建設業者が中途採用者を募集する際には「リーダーシップ」をチェックしている可能性があります。
これまでの仕事で誰かの上に立つ役割を担っていたなら、積極的に自己PRしましょう。
プロジェクトリーダーや教育係など、期間限定のリーダー職であっても立派なアピールにつながります。
そして、在任時にどんな実績を残したのかを詳しく伝えられれば、面接官の関心を集められるでしょう。

 

自分が持っている具体的なスキルを自己PRする

建設業の中でも「配管工事」「重機の操縦」など、技術職を目指すなら具体的なスキルを自己PRしましょう。


中途採用の技術者を募集している企業はかなりの確率で特殊な技能を欲しています。
建設業においては、現場に特定の技術者がいなければ工事が滞ってしまう恐れがあります。
資材を運ぶための重機は免許なしに運転できませんし、「危険物取扱資格」を持っている人材がいないと管理できない物体もあります。
過去に取得した資格や免許は履歴書の段階で記載しておきましょう。


資格はなくても、得意分野については強くアピールしたいところです。
たとえば、「ビルの施工に携わったことがある」「三階建ての木造住宅建設で中心的な役割を果たした」など、経験が詳細になるほど人事担当者の興味を引きつけられます。


中途採用者は丁寧に教育を施してもらえる立場ではありません。
「教えなくても基本的な作業はできるだろう」という前提で採用されます。
それどころか、「基礎」以上の仕事ぶりも期待されている現場も少なくありません。
採用過程では自分の有能さを示しましょう。
 

 

職場でのコミュニケーション能力を自己PRする

建設業はさまざまな人々とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく業界です。
特に、営業職ではその特徴が顕著となります。


まず、営業は顧客の話を聞き建設工事の要望を正確に捉えなければいけません。
そして、現場への注文も往々にして営業が担います。
顧客の代理として、顧客の望みが叶うように現場とやりとりを交わすのです。


もしも現場と顧客の間でトラブルが起こったら仲裁するのも営業の役目です。
営業は物怖じせず、人間に興味がある人材でなければ長続きしないでしょう。


そこで、転職活動でも営業志望者は「コミュニケーション能力」を自己PRするのがおすすめです。
自分が前の会社でどのような存在だったのか、友人からどのように評価されている人間なのかエピソードを踏まえて説明しましょう。


ただし、回答だけでいくら「私はコミュニケーションが得意です」と主張しても本人の態度が追いついていなければ意味がありません。
自分の言葉と矛盾しないよう、面接中も笑顔や正しい姿勢を意識します。
また、できるだけ面接官との会話が続くように注意しましょう。
 

 

鍛えられてきた精神的な強さを自己PRする

建設業は精神的にタフでなければ務まりません。
天候などのささいなトラブルで工期は狂い、予想もしなかったスケジュールに修正されます。
納期がどうしても延ばせない場合は残業や休日出勤も日常的に行われます。


また、責任感の強い人が多いために厳しい口調で指導を受ける機会もあるでしょう。
気弱な人材なら怯んでしまう状況もありえます。
忙しさや人間関係にも耐え抜き、向上心を持って働ける人間にこそ建設業は合っているのです。


転職の面接においても「休日出勤に耐えられますか」「出張が多いけど大丈夫ですか」などの「精神力」と確認する質問は飛んできます。
返答には怯まず、「ただし」「例外として」などの「言い訳」も用意しないでおきましょう。
はっきりと「はい、できます」と答える人材を建設業界は待ち望んでいます。


ただし、どんな質問にも「はい」と言うだけでは信憑性が出ません。
前の会社などでつらかった思い出を話し、「どうやって乗り越えたのか」を答えられるようにしておきましょう。
前例があるなら面接官も話を信じてくれやすく、高い評価を得られるでしょう。
 

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します