Original

建設業界への転職に欠かせない?面接に欠かせない持ち物

面接の定番といえばスーツにバッグのリクルートスタイルです。
しかし、バッグの中身までは深く考えていない人も多いでしょう。


面接先では必需品のほか、予想外の出来事が起こるかもしれません。
入念な準備をして、持ち物を選ぶ必要があります。
たとえば、建築業界への転職を目指しているなら資格や経歴を証明できる書類など、さまざまな持ち物があるといいでしょう。


ここでは、建設業界での転職活動の基本的な持ち物や「あると便利」なアイテムを紹介します。
 

 

履歴書と職務経歴書は指示がなくても持参する

転職活動の持ち物については、原則として企業から通達がなされます。
面接が決まった時点でメールや電話で「当日はこれらを持参してきてほしい」と連絡されるので、指示に従っておけば大きな問題はないでしょう。
しかし、ときには「持ってくるのが当たり前すぎてわざわざ連絡していない」持ち物もあります。
たとえ連絡事項に記載されていなくても、自主的に持参する方がいい必需品があるので注意しましょう。


たとえば「履歴書」と「職務経歴書」はあらゆる転職活動の面接において常に求められます。
履歴書は志望者の生活状況を知るうえで非常に重要ですし、資格や免許も確認できます。
また、「趣味」や「長所」の欄からは人間性すらチェックできます。


職務経歴書は前職までの詳しい実績を調べるために大切です。
数字や年度まで記入し、具体的に自分のキャリアを情報にしましょう。
これらの書類は封筒に入れて持参するのが基本です。
また、内容だけでなく「汚れ」や「折れ目」がついていないか、文字は丁寧に書かれているかも見られているので、慎重に扱うようにしましょう。
 

 

普通の手帳やノートではなくビジネス手帳がいい理由

面接ではその場で課題や次回の日程を告げられることがあります。
特に建設業界は人手を補充するために選考過程を急ぐ傾向があります。
面接に行って次の日程を調整されるのは、順風満帆の兆候です。面接官と都合を合わせて、次回にそなえましょう。


面接で言われたことを忘れないためには筆記用具と控えておくための手帳が必須です。
スマホに情報を打ち込むのは失礼にあたりますし、データが消える恐れもあります。
手帳は普通の種類や大学ノートではなく、ビジネスマン向けのシステム手帳を持ち歩くのが賢明です。


システム手帳は普通の手帳よりも記入スペースが広く、細かい情報を補足できます。
また、カレンダーもついているのでスケジュール管理にも便利です。
まめにスケジュールを書き加えていく習慣があれば、日程調整を持ち出されても瞬間的に自分のスケジュールを思い出せます。


大学ノートのように白紙の紙面に書いていくのが簡単だと思う人もいるかもしれません。
しかし、ノートでは時系列を見失いがちですし、記入が雑になります。
システム手帳は見やすくメモをとれるでしょう。
 

 

業種によっては自己PRに必要なグッズも持参する

履歴書に資格や実績を記入しておくと転職活動では有利になる傾向があります。
特に建設業では「資格がないとできない仕事」がたくさんあります。
また、経験豊富な人材は好条件からキャリアをリスタートできる可能性もあるので、積極的に過去のキャリアはアピールしましょう。


ただし、企業に「自己PRが本当の内容である」と証明できなければ意味がありません。
面接には「自己PRを証明できる資料」を持参しておくのが無難です。


たとえば、建築士や技士の免許を取得した際には、書面で証書を授与されています。
紛失する恐れがあるのでどうしても原本を持ち出す必然性こそありませんが、せめてコピーは持っていきたいところです。
また、大学や専門学校で特定の科目を修了している人は、卒業証書があるといいでしょう。


もしも書類が手元に残っていなかった場合、発行元に問い合わせて再発行してもらうのが得策です。
本人であることさえ証明できれば多くの機関では再発行の手続きを行ってくれます。
ただし、再発行に時間がかかるケースもあるので申請はなるべく早く行いましょう。
 

 

当日には念には念を入れて持ち物をそろえておく

面接の当日にはどんなトラブルに巻き込まれるか分かりません。
何があっても「必ず会場に」「時間通り」到着できなければ評価が落ちてしまいます。
念には念を入れて持ち物を用意しておくと、万が一の事態にも対処できます。
たとえば、現金は財布以外にも入れておくともしも財布を紛失してもなんとかなります。
カバンのポケットや手帳などに最低限の交通費を忍ばせる方法がおすすめです。


会場までの地図も「スマホがあれば大丈夫」と信用しきるのは危険です。
スマホの画面は小さくて見にくいですし、充電が切れれば確認できません。
地図はプリントアウトしたものも持ち歩きましょう。


身だしなみも面接での印象度を左右する要素です。
当日の朝に整えるのはもちろんですが、ヘアワックスや電動シェーバーを持参すれば直前でも軽くルックスを修正できます。
移動中に髪の毛が乱れるなど、ささいな出来事で見た目が悪くなっても第一印象は悪くなります。
また、トイレなどに寄らなくても顔をチェックできる手鏡があっても便利でしょう。
そして、エチケットとしてティッシュやハンカチも必需品です。
 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?