Original

20代女性が建設業界へ転職!正社員を目指すために必要な心構え

建設業と言えば「男性の現場」というイメージが強いですが、徐々に女性で正社員を目指す人材も増えてきました。


力仕事では男性が有利な仕事ではあるものの、技術職や管理職などは女性でも十分に可能です。
また、営業職や事務職などで会社に貢献する手段もあります。
別の業界から建設業界に転職してくる女性も目立ちますが、成功するためにはいくつかの心構えがあります。


ここでは、20代女子が建設業界で活躍するための注意点をまとめました。
 

 

男性と張り合うのではなく女性のメリットを押し出す

建設業界は依然、男性中心の考え方が浸透しています。
社員の比率で男性が圧倒的に多いため、20代女性社員は割り込む隙がないようにも感じるでしょう。
そのため、「男性と対等に渡り合わなければいけない」という発想になる女性社員はたくさんいます。


しかし、男性の得意な分野で女性が対抗意識を燃やしても上手くいかないことだらけです。
たとえば、現場での力仕事ではほとんどの女性が男性にはかないません。
そもそも多くの建設業者は女性に男性と同じ役割を期待して登用しているわけではないのです。


女性には男性にはあまり見られない「穏やかさ」「コミュニケーション能力」「きめ細かさ」などがそなわっています。
そして、これらの能力は建設の現場でも発揮されるものばかりです。
女性が建設業で正社員を目指すなら、「女性ならでは」のスキルに目を向けてみましょう。


そして、男性中心の職場で不足している要素を自分がカバーするつもりで動いてみます。
すると、現場で女性社員の重要性が実感でき、キャリアは開けています。
男性と同じ土俵で戦う必要は決してないのです。
 

 

実力を証明するために必要な建設業のスキルを磨く

実力がある女性でも、男性ばかりの建設現場に配属されたら上手くなじめないことがあります。
男性が女性社員に慣れていない場合、「本当にやっていけるのだろうか」と心配になるからです。


じっくりと時間をかけて実力を証明していく意識が大切です。
しかし、中には「女性には荷が思い現場だろう」という先入観を引きずる男性たちも少なくありません。
そこで、明確な資格やスキルを身につけていれば、20代女子でも現場から一目置かれるようになります。


建設の現場で役立つのは「一級建築士」でしょう。
建設現場だけでなく、設計図の段階からプロジェクトに参加できるので、広い視野で仕事にあたれます。
建設業のリーダー職が取得しているケースもある資格です。
また、技術師や測量士の資格も応用が効きます。
ビルの建設においてはコンクリート系の技士ライセンスもおすすめです。


建設業では「資格がなければ任せられない」仕事がたくさんあります。
仕事の幅を増やし、他の社員にできない役割を担えるようになれば、性別に関係なく評価されます。
建設業でキャリアアップしたい女性は資格の勉強を行いましょう。
 

 

女性の特徴を活かせる役職で正社員を目指す

建設業の現場にいきなり配属されるとハードな思いをする女性も少なくありません。
もちろん、企業によっては女性の受け入れ態勢を整え、性別を問わず社員が活躍できる環境を作ってくれます。
しかし、男性社員を前提に労働環境を用意している建設会社もたくさんあります。
女性社員がとけこめないままのケースもありえるでしょう。


そこで、建設業の中でも女性が認められやすい部門への転職を考えてみましょう。
たとえば、営業職は性別が問題視されることが少ない役職です。むしろ、「女性の方が穏やかで話しやすい」と感じる顧客もいます。
男性が多い建設業だけに、女性の営業職が人気になる可能性もあります。


また、事務職も女性が着きやすいポジションです。
営業や現場をオフィスから支援する事務職は、体力があまり必要ないので女性でも問題なくこなせます。
将来的に現場や営業で働きたい女性も、事務職として経営の仕組みを学ぶのは無駄になりません。
建設業へのとっかかりとして、女性社員が歓迎される部門から入ってみるのもいいでしょう。
 

 

問われるメンタルの強さ!自分から動く意識を

建設業は他の仕事と比べても精神力が問われる職業です。
工期のズレ次第では、休日も簡単にくつがえります。
20代の女性社員でも、友人や恋人との約束ができないため「プライベートを犠牲にしている」と感じる瞬間はあります。
また、ノルマが厳しい会社の営業職では常にプレッシャーとの戦いがあり、メンタルにダメージを受ける状況も日常茶飯事です。


ただし、建設業は成果がすぐに評価されやすい特徴もそなえています。
苦しい仕事でも成功に導けば、人事は認めてくれます。
女性社員も早期的なキャリアアップを期待できる業種であり、モチベーションを保ちやすいでしょう。


そこで、建設業で働く女性は心を強くして「自分から仕事を見つける」意識を持つ必要があります。
建設業界には野心を抱えた社員も多いので、うかうかしているとライバル達に先をこされます。


自分に足りない部分は素直に認めながら、日々成長への意欲を持ちましょう。
建設業では女性の進出が支援されるなど、若い女性にとっての追い風が吹いています。
女性への可能性が開かれている世界で、思う存分ポテンシャルを試してみましょう。
 

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?