Original

建設業界の面接で!転職の場合に必要な準備とは?

建設業界の転職では、面接での回答が非常に重視されています。
転職は新卒の就職活動と比べて、企業がチェックしてくるポイントが異なります。


「やる気」や「情熱」をPRするのも大切ですが、経験者ならではの強みを訴えるとより採用に近づくでしょう。
また、言葉だけでなく態度でも「採用するに相応しいか」が見極められています。
面接には相応の準備をしていきましょう。


この記事では建設業界の転職における「面接の心がけ」を解説します。
 

 

面接時の髪形やスタイルをきれいに整えていく

建設業界は髪型やファッションについて比較的自由度が高いといわれています。
営業職のように顧客と接する機会が多い社員はともかく、現場や事務担当は茶髪やカジュアルな服装が認められている場合もあります。


ただし、転職のために面接を受けるならできるだけ真面目に見えるスタイルを意識しましょう。
茶髪よりも黒髪が、長髪よりも短髪が面接官の受けが良くなります。
また、服装もしわのないスーツスタイルを選び、アクセサリーやピアスを外していきましょう。


面接官の全てが見た目にこだわっているとは限りません。
中身さえよければどんな格好をしていてもかまわないという面接官もいます。
しかし、万が一ルックスの印象を重要視する面接官にあたったなら「選考の場に相応しい服装」でなければすぐに不採用と判断されてしまうでしょう。
リスクを避けるためにはいわゆる「リクルートスタイル」で出向くのが無難です。


髭を生やしている人はきちんと整えておけば清潔には見えるものの、やはり面接官によっては敬遠されるかもしれません。
わずかでも面接官を不快にさせる可能性がある以上、剃っておくのがマナーでしょう。
 

 

「前の会社での実績」を数字などで具体的に伝える

ほとんどの転職者は面接において「経験値」を重要視されます。
建設業界も例外ではありません。
建設業界は長期的なキャリアで技術を磨いていく仕事なので、ある程度年齢を重ねている人材には相応の能力が求められます。
「やる気だけは負けません」のように、新卒が言いそうな自己PRだけでは面接官の心を動かせないでしょう。


そこで、面接の前に実績を証明できるポイントをまとめておくのが得策です。
もっとも効果的なのは「職務経歴書」でしょう。


面接では履歴書と別に職務経歴書も提出します。
過去に所属した企業でどんな仕事を任され、どんな成果を挙げたのかをアピールできる書類です。
年度や仕事の規模、顧客名などを織り交ぜながら詳細な職務経歴書を作成しましょう。


また、面接の内容でもキャリアについての質問は十分に予想できます。
「あなたが当社に貢献できる能力を教えてください」「前の会社であなたはどんな風に評価されていたと思いますか」などの質問は事前に答えを用意しておくと評価を高められます。
リハーサルもしておくと、本番でもスムーズに答えられるでしょう。
 

 

志望先の企業に合わせた「自分像」を演出する

中途採用者を募集している企業には「人員補充」以上の理由があります。
人手が足りないだけなら未経験者でも事足ります。
中途採用者を歓迎している背景には、何らかの経験や能力を必要としているのです。
建設業界で転職する際には企業が求めている「人物像」をリサーチしましょう。


建設業界でよくあるのは「リーダーシップを取れる人間」を求めているパターンです。
単に仕事ができるだけでなく、工期を調整したり顧客と交渉したりできる人間を建設業界は重宝します。
そして、これらの役目は新人にいきなり任せられるものではありません。
また、特別な資格を持っている人材が不足している現場もあるでしょう。


企業が求める「人物像」が分かれば、今度は「自分像」を理想に近づけていきます。
リーダーを求めている企業には管理職の経験を面接伝えるなど、面接官の記憶に残るよう工夫しましょう。
どんなに輝かしい経歴やスキルがあっても企業に需要がないポイントをアピールすれば、採用にはいたりません。
募集要項をよく読み、「何のための人材募集なのか」を把握して面接の準備をするのが肝心です。
 

 

転職では労働条件の交渉も!不快にさせないように話そう

転職の面接では往々にして「労働条件の交渉」も行われます。
ほとんどの転職者がキャリアアップを目的にして転職活動に踏み切ります。
家族がいる転職者は余計に「給料を上げたい」「休日を確保したい」と望んでいるでしょう。
労働条件を妥協せずに伝えるのも転職者の心構えとして大切です。


しかし、タイミング次第では面接官の逆鱗に触れる恐れもあるので注意しましょう。
建設業界は工期や顧客の要望によって仕事が予定されていく世界です。
あまりにも注文が多い人材に対しては「扱いにくい」「やる気が感じられない」と捉えられるかもしれません。
能力が似た人材がいたとしたら、より労働条件をうるさく言ってこない方を採用してもおかしくないのです。


労働条件の交渉は自分からではなく、相手から振ってくるのを待つのがコツです。
交渉中は謙虚に、面接官を不快にさせないように発言しましょう。
また、面接で条件を確認しなくても募集要項やホームページを見れば確認できることもあります。
そもそもキャリアダウンになりそうな企業や、希望の勤務地につけない企業は志望しないのが賢明です。
 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?