Original

建設業界用語まとめ|「ディベロッパー」と「ゼネコン」の違いとは

ディベロッパーとゼネコンってなあに?

建設業界で働いていると「ディベロッパー」や「ゼネコン」って言葉をよく耳にすると思います。

「ディベロッパーとゼネコンって何が違うの?」って質問も転職者によくあるものです。ちなみに「サブコン」っていうのもあるんですけどね。

シンプルに説明するならディベロッパーは不動産の開発者、ゼネコンは実際の工事を請け負う会社です。そして実際に工事現場で施工を行うのがサブコンです。それぞれどんな企業があるのかはこれから説明していきます。

 

 

ディベロッパーとは?

ディベロッパーは英語「Developer(開発者)」が元になっている建設業界用語。

意味はそのまま不動産を開発する企業のことです。例えばオフィスビルを造る、ある土地の再開発、マンションを造る、などなど建物を造る場合や再開発をする場合に不動産を売ったり、買ったりしている会社のこと。実際に工事を請け負うことはありません。

 

 

代表的なディベロッパー

・住友不動産

・三井地所

・住友不動産

・トヨタホーム

・旭化成ホームズ

・清水総合開発

・東急不動産

・京王不動産

・小田急不動産

・名鉄不動産

・阪急不動産

 

などなど、一度は聞いたことがある名前が多いのではないでしょうか?

ディベロッパーには財閥系、私鉄系、金融系、ゼネコン系、メーカー系、商社系、その他独立系などがあり、多くの大企業がディベロッパーとして不動産開発をしています。

 

 

ゼネコン・サブコンとは?

ゼネコンは「General Contractor(一般請負業者)」が略された建設業界用語。

その名が示すとおり、不動産建設を引き受ける会社のことです。ビルやマンションなどの建物だけでなく、ダムやトンネルなどの公共事業も請け負ったりします。

ゼネコンが建設工事を一手に引き受けるのに対してゼネコンの下請けとして土木・建築の一部を請け負う下請けの建設業者はSubcontractorと言われ、略してサブコンです。

それから特定工種の工事だけを請け負う専門業者(Special Contractor)というのもあります。言うまでもなく実際に現場で働く人の多くはサブコンや専門業者(Special Contractor)の企業。

ゼネコンの役割は建設元請けとして、サブコンをマネジメントすることです。ゼネコンの仕事内容は営業、設計、施工管理、研究開発など実際の工事の前段階を担っているのですね。

 

 

代表的なゼネコン

・スーパーゼネコン(鹿島建設、清水建設、大林組、大成建設、竹中工務店)

・準大手(長谷工コーポレーション、五洋建設、三井住友建設、熊谷組 etc)

 

こちらも一度は聞いたことがある大企業ですね。スーパーゼネコンは数ある建設会社の中でも特に規模の大きな企業を指します。

厳密な定義はないのですが単独の売上が1兆円以上あることが基準とされています。準大手はスーパーゼネコンほどではないにしろ売上が4000億円以上と分類されることが多いです。

準大手とはいっても超高層オフィスビルやタワーマンション、大型ダム、トンネル、原子力発電、空港など請け負う工事はスーパーゼネコンと変わりはありません。

 

 

ディベロッパーとゼネコンの違いまとめ

前述の通りディベロッパーは不動産の開発者で土地を多く所有しています。なので、不動産開発の企画ができるんですね。

対してゼネコンは土地をもっていません。永年の施工実績や経験から実際に工事を請け負うプロの会社です。こんな建物はこんなデザイン・工法がいいですよとか提案するんですね。実際の仕事の流れをフローにしてみたので下記を見てください。

 

不動産開発の流れはこんな感じ。

顧客 ⇄ 不動産販売会社 → ディベロッパー → ゼネコン → サブコン・専門業者

 

※ただし、公共事業は政府や地方自治体から直接入札でゼネコンが引き受けます。

流れとしてはこんな感じです。

政府・地方自治体 ⇄ ゼネコン →サブコン・専門業者

 

いかがでしょうか?

大規模な工事になれば膨大な工程があり、ゼネコンだけで施工するのは不可能に近い。なので、サブコンや専門業者が必要になるのです。

かといってディベロッパーにはサブコンや専門業者に直接依頼するノウハウはない。例外的にゼネコンがディベロッパーを子会社や関連会社にもっていることはあるのですけどね。

ということで、ディベロッパー、ゼネコン、サブコンはそれぞれの専門分野で活躍しているのでした。

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?