Original

転職で建設業界を選ぶなら!面接の日程調整のコツを考えよう

異業種から建設業界に転職をする場合、業種によっては面接の日程調整が比較的しやすいと言えます。
勤務先の就業規則や条件によりますが、有給休暇を活用すれば先方に指定された日程で面接に臨むことは可能です。
また、こちらの要望が言えるような状況であれば、会社の休日に合わせるという方法もとれるでしょう。


一般的な会社の場合は週休二日制を導入しているところが主なので、そのいずれかを面接に当てるということもできます。
日曜日は建設業界も休みに入っているところがほとんどです。


しかし、土曜日は業務を行なっているところも見られるので、タイミングが合えば土曜日に面接を行なってもらうことも可能です。
建設業界は屋外の仕事割合が高いため、天候の事情で工事できない日が出ると土曜日のような本来の休日を作業に当てることがあります。
繁忙期の場合は天候の事情に限ったことではありませんが、土曜日も業務を行なっている会社であればその日に面接を入れてもらえることも考えられます。
 

 

転職エージェントなどを活用して調整してもらうのもアリ

完全な失業状態なら別ですが、働きながら転職を実現するのはさまざまな面で難しい部分は出てくるものです。
その中でも一番悩ましいのが面接の日程調整でしょう。
実際に先方の会社まで赴かなくてはいけないこともあり、そのために時間を割くのは大変です。


建設業界の場合はどのような会社を選ぶか、または雇用形態を希望するかでも面接の方法は分かれます。
例えば期間限定で働きたいという場合は選択肢のひとつに契約社員や派遣があります。派遣会社を経由すれば面接日の日程は比較的希望が通りやすいことが期待できるでしょう。


また、大手建設会社での安定したポストや正社員として長期で働くことを目的にするなら、転職エージェントの活用もおすすめです。
無料で登録できるところが多く、面接日の日程調整から給与の交渉まで代行してくれるため、時間を取れない人に向いています。
建設業界への転職は現在の仕事を進めながら上手に面接の日程調整を行うことが成功のカギと言えます。
タイミングを考え、派遣会社や転職エージェントの活用も視野に入れて転職を成功させましょう。
 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?