Original

建設業界だからこそ!転職や面接で避けられない課題は?

 

建設業界は転職市場の中でも多く人材が求められている業界のひとつです。
かつて建設業界で働いていた人はもちろんのこと、未経験でもキャリアアップのために建設業界に転職したいという人は多いのではないでしょうか。


そんな人気のある業界だからこそ、しっかりとした対策をとって転職活動を行わないとなかなか成果が出ないということも事実です。
そこで今回は、建設業界への転職を成功させるために避けて通ることはできない課題とはなにか、詳しく解説します。
 

 

どんな人材が求められているかを把握することが大切!

まずなによりも重要なことは、どのような人材が求められているのかをしっかり把握しておくことです。
多くの人はイメージとして体力のある人や専門知識を有している人が求められていると考えがちですが、実際にはそうとも言い切れません。


なぜなら、建設業界は多くの現場で慢性的な人手不足の問題を抱えているというのが実状だからです。
体力は人並みに健康であれば問題ありませんし、専門知識というのは働きながら覚えていってくれればいいと考えている企業も少なくありません。


だからと言って、誰にでも簡単に内定が出るというわけではありません。
せっかく雇ってもすぐに辞められてしまっては困りますから、どれだけ仕事に対して真面目に取り組めるのかということが面接では見られています。


また、建設業界での現場の多くはチームワークが重視されます。
だからこそ、基本的な礼儀を心得ていることやコミュニケーションがちゃんと取れることが重要視されます。
面接の際にはコミュニケーション能力の高さをアピールすることが大切だと言えるでしょう。
 

 

自己紹介と志望動機は面接での重要なポイント!

面接において必ず聞かれるのは、自己紹介と志望動機です。
この2つをあらかじめよく考えておくことが、面接での重要な課題と言えます。


まず、自己紹介では話し方や表情からどれくらいコミュニケーション能力がある人なのかが見られています。
それと同時に、自社で能力を生かせる経験を持っているかどうかも問われています。
そのため、自己紹介ではこれまでの職歴の中で表彰歴や数値で表すことのできる実績をアピールすることが大切です。


志望動機で問われているのは、建設業界や自社に対する熱意の高さと、どれくらい建設業界を理解しているのかということです。
また、将来のキャリアプランについても見られています。
そのため、あらかじめ企業研究をしっかりと行い、自分が思うその会社ならではの魅力を上手に伝えることが重要なポイントになります。


ただし、異業種から転職したいという場合には、なかなか具体的な事業内容について知ることは難しいかもしれません。
その場合には「実際にはどうなのか」ということはあまり気にせず、自分が調べた範囲でどのような仕事をしたいと思うのかという熱意をアピールしましょう。
 

 

退職理由をどうポジティブに答えるかが評価の分かれ目!

転職の際の面接で必ず聞かれるのは、退職理由です。
面接官は転職希望者の業務経験を評価する一方、雇ってもすぐに辞められてしまうのではないかという不安を持っていることを忘れてはいけません。
退職理由を通してどれくらいストレスに対する強さを持っているのかが見られていると言えるでしょう。


そのため、退職理由を述べる際のポイントは、ネガティブに思われるような答え方をしないことです。
「○○がいやでやめました」というような回答は、面接官が抱いている疑念を裏付けることにしかなりません。
それよりも、転職することによって自分の目標が達成されるということを強くアピールする必要があります。
企業研究を行いながら、なぜその企業や建設業界でなければならないのかということをよく考えておきましょう。


また、ネガティブな答えにつながりそうな質問として「今までに仕事で大きな失敗をしたことがありますか?」ということが聞かれることもあります。
その場合にも、聞かれているのは失敗そのものの内容ではなく、それをどのようにリカバーしたかということです。
ネガティブな答えになりそうな質問をどうポジティブに答えることができるのかということが評価の大きな分かれ目になります。
 

 

業界特有の質問や逆質問の場で熱意をアピール!

面接においては業界特有の問題に対する質問をされることも多くあります。
たとえば「オリンピック特需についてどう考えていますか?」というようなことです。
その場合、自分なりの意見を出せることができれば、熱意のアピールにつながります。
そのためにも、あらかじめニュースなどで建設業界に関するトピックをこまめにチェックしておくことが大切です。


また、最後に「なにか質問がありますか?」と問われることも多いでしょう。
その際には「ありません」と答えるのではなく、必ず逆質問するようにしましょう。
そうすることで本気度が面接官に伝わります。


中には、なにを聞いたらいいのか分からないという人も多いかもしれません。
その場合には、その会社の企業理念やビジョンについて質問するのがおすすめです。
ただし、調べたらすぐに分かるようなことを質問してしまうと勉強不足が露呈して印象を悪くしてしまう恐れがあります。
企業研究や業界研究をした上で分からなかったことを尋ねるようにしましょう。
 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?