Original

転職を成功させる!建設業界の面接で好印象なバッグの選び方

 

建設業界への転職のために面接を受けるという人は、バッグやスーツといった服装にも注意を払うことが大切です。
面接用のバッグなんてどんなものでもいいと思う人も多いかもしれませんが、どのようなバッグを選ぶかによって面接における採用担当者の印象が大きく変わることもあります。


そこで今回は、面接の際に好印象を与えるのにおすすめのバッグの選び方や、面接時の持ち方、置き方といったマナーについて詳しく解説していきます。
 

 

建設業界のカバンはリュックサックでもいいの?

通常、転職の服装と言えばスーツを着ていくものです。
中には、建設業界の現場というのは多くは作業着なので、面接でもラフな格好でいいのではないかと思う人も多いかもしれません。


しかし、普段着やショルダーバッグ、リュックサックで面接に行くことはやめておきましょう。
たとえ転職先が建設業界であっても、面接に関するルールやマナーはほかの業界と同じです。
ですから格好はちゃんとスーツを着て、カバンも革カバンにした方が無難です。


ただし、面接後に現場見学の予定がある場合や、面接する企業の側から「動きやすい服装で来てください」という指示があった場合はこの限りではありません。
その場合には邪魔になることのない服装やカバンを選ぶことが大切です。
決して自分だけの判断で決めるようなことはしないようにしましょう。
 

 

面接の際に採用担当者の印象がよいカバンとは?

具体的にはどのようなデザインのカバンが採用担当者にとって印象がよいのでしょうか。
残念ながら、こればかりは個人の好みの問題なのでどれがよいとは一概には言えませんが、一般的に色柄が派手なものや形状が奇抜なものは避けた方が無難です。
また高級ブランドのカバンは印象が悪いという意見もありますので、避けた方がよいかもしれません。


スーツとカバンを合わせる際のポイントは、カバンの色を靴の色に揃えることです。
素材も合わせることができれば尚のことベストです。
ただし、もし革のカバンがなければナイロンでも問題ありません。


大きさはA4サイズの書類が折らなくても入る程度の大きさのものがおすすめです。
しっかりとした縫製のものを選んでおけば、転職活動が終わった後も仕事で使用することができるでしょう。


そのほか、面接中にはカバンは足元に置いておくことになるので、床に置いた際にしっかり立つよう底鋲がついていると便利です。
ショルダータイプやリュックタイプのビジネスバッグもありますが、普通の手提げタイプにした方が目立たなくてよいでしょう。


自己主張はカバンでするものではないので、目立たないものを選んでおいて損はありません。
個性的であることよりも、シンプルであることと実用的であることがカバンを選ぶ際の重要なポイントです。
 

 

面接の際にはカバンの持ち方や置き方にも気をつけて!

面接でアピールするために重要なのは、カバンのデザインよりも持ち方や置き方といったマナーの部分です。
センスの良さは転職の際のアピールポイントにはなりません。


持ち方としては、基本的には手で持つようにしましょう。
肩がけできるようにベルトがついているビジネスバッグもありますが、肩にカバンをかけた状態で人と応対するのは厳密には失礼な態度です。
もちろん面接会場までの間は肩にかけていても問題ありませんが、会場に到着したら手で持つようにしましょう。


面接会場でのカバンの置き方ですが、入室して椅子に座るよう促されたら、カバンは椅子の横に立てて置きましょう。
注意するべきポイントとしては、座った状態でカバンを持ち続けたり、膝の上に置いたりしないことです。
そうすると、採用担当者の意識がカバンの方に行ってしまい、悪い印象を与えてしまうでしょう。
もちろん気にしない採用担当者の人もいますが、一般的には床に置くのがマナーだということを知っておいて損はありません。


面接が終了して最後のあいさつをしたら、お礼を述べて立ち上がり、床に置いたカバンを取ります。
先にカバンを取ってからお礼を述べることのないように気をつけましょう。
 

 

どんなカバンを持っているかで採用担当者の印象が変わることもある!

転職活動の際の服装において、カバンはスーツの次に目立つアイテムです。
そのため、どんなカバンを持っているのかということが採用担当者の印象に大きく関わるということを意識しておいた方がよいでしょう。


また、身だしなみのマナーというのは建設業界だけでなく、どのような業界でも共通の知っておくべきルールです。
あらかじめ服装についてなにも指定がないようであれば、自分で勝手に判断するのではなく事前に電話やメールで確認することが大切です。
そうすることで、企業側に真面目な人間であるというイメージをアピールすることもできます。


カバンの持ち方や置き方というのは細かいことなので、そこまで気にしないという人も多いでしょう。
たかがカバンと思う人も多いかもしれません。
しかし、だからこそこういったポイントを抑えておくことはちょっとしたマナーまで気を配ることができるということの表れにもなります。
面接では受け答えや話し方といったスキルも重要ですが、カバンや服装といった基本的なマナーをちゃんと押さえておくことも転職を成功させるための大事なポイントです。
 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?