Original

建設業経験者でも転職は大変?面接の緊張をほぐすコツ

 

転職の面接は人生の大きな転機だけに相当なプレッシャーが襲ってきます。
建設業の面接はコミュニケーション能力や危機管理能力などさまざまな適性がチェックされているため、転職者の緊張感も大きくなりがちです。


たとえキャリアに自信がある建設業経験者でも、転職面接の雰囲気には圧倒されるでしょう。
転職志望者は緊張を克服する方法を見つけて万全の態勢で面接にのぞむのが肝心です。


この記事では、建設業界の転職面接におけるリラックス方法を紹介します。
 

 

シミュレーションを徹底し回答を用意して挑む

 

転職面接で緊張する原因の一つは「どんな質問をされるか分からない」不安があるからです。
面接官の質問に言いよどんでしまったり、適切でない回答をしてしまったりしたら大きく減点されます。


しかし、「失敗をしたくない」と強く念じるほど体の筋肉は強ばってミスを犯しやすい状態におちいりがちです。
面接でのミスを予防し、安心感を持って会場に入るためには「シミュレーション」が一番の対策です。


転職面接は業種によって「出される確率の高い質問」があります。
事前に質問を予想して回答を用意し、シミュレーションを徹底すれば自信がつき緊張感も薄まるでしょう。


建設業界では施工の技能や実績など「貢献度」を確かめてくる質問が顕著です。
また、「どうして前の会社を辞めたのか」「なぜ数ある建設会社の中で当社を選んだのか」などと聞かれることも多いので、
「退職理由」や「志望動機」についても事前に用意をしておきましょう。


回答は長々と話し続けるとかえって面接官から悪い印象を持たれます。
いずれも1分ほどのボリュームを目安にして回答を練っておくのが賢明です。
 

 

面接官を過剰に敬いすぎず会話を続けるようにする

 

転職面接では「面接官への敬意」は大切です。
面接官は転職志望者を「審査する側」であり、面接官に無礼な振る舞いをしたらその場で「不採用」と決められても文句は言えません。


「面接官に嫌われたくない」との思いから、緊張感につながっている人も多いでしょう。
しかし、過剰に面接官を敬いすぎるのも考えものです。
もしも面接官の前で萎縮してしまい、無難な回答ばかりを連発していては「印象の残らない志望者」になってしまいます。


また、建設業界はチームワークが大切な職種であり、コミュニケーション能力は面接でも細かくチェックされています。
面接官とも笑顔で話せる志望者の方が、堅いだけの志望者よりも評価は高いでしょう。


面接前に緊張するのは、「予定通りの回答をしなくてはいけない」という思い込みも原因の一つです。
型通りの答えではなく、臨機応変に会話ができる志望者を好む面接官もいます。


面接が始まったら質問にただ答えるだけではなく「面接官と会話する」ことを目的に挑みましょう。
面接官とやりとりが成立したら、緊張もほぐれていきます。
 

 

自分なりのルーティーンを作って面接前に実行する

 

スポーツ選手など、大きなプレッシャーにさらされる機会が多い人々が実践している緊張対策に「ルーティーン」があります。


たとえば、サッカーでフリーキックを蹴るときにいつも同じポーズから助走を始める選手がいます。
野球選手がバッターボックスに入るときもお決まりのポーズやステップをこなしてから構える光景は珍しくありません。


彼らは緊張を避けられない状況でもふだん通りの力を発揮するために行動を「ルーティーン化」しています。
どんなに心が乱されていてもルーティーンを経ると緊張がリセットされて平常心になれるよう、心を訓練しているのです。


面接の前もルーティーンの理論を取り入れて緊張をほぐしてみましょう。ただし、ルーティーンは習慣化しなくてはいけないので、面接日の前から準備を重ねるのが得策です。


また、「リラックスできるとき」に触れているものを会場に持ち込むのは効果的です。
家族の写真や応援メッセージなどを面接の直前に見て心を落ち着けてみましょう。


また、会場までの道のりで愛読書や好きな音楽を鑑賞するのもおすすめです。
 

 

面接中の自分の行動をしっかりと意識すると緊張も薄まる

 

緊張が転職面接で望ましくないとされるのは「緊張のあまり失態を犯す確率がある」からです。
緊張が極限に達すると、人は意図しない言動に走りがちです。
初対面の人間を不快にする表情になってしまったり、支離滅裂な内容を口にしたりして面接での評価を落としてしまうのです。


逆に、「自分自身の行動をしっかりコントロールできれば緊張も薄れていく」といえます。
たとえ面接会場で緊張していたとしても、発言や仕草の一つ一つに集中を絶やさないよう意識しましょう。


たとえば、「自分の背筋はしっかりと伸びているか」「表情はきつくなっていないか」と常に注意しながら面接を受けます。
回答につまったときも無理に言葉をつなげようとしなくて大丈夫です。
すぐにめちゃくちゃな回答を返すより、多少の間が空いてもしっかりした言葉をつむげる志望者の方が面接官の記憶には残ります。


そして、発言はゆっくりと聞き取りやすい声で話しましょう。
せっかちに話すとますます自分で自分を焦らすことになってしまいます。
「落ち着いた態度」を演じているうちに、本当に緊張が薄まってリラックスできるでしょう。
 

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?