Original

建設業界の転職活動で!面接会場には何分前に着くべき?

 

建設業界の転職活動では多くの場合、希望する企業へ応募し書類選考を通ると面接になります。


企業によって面接が行われる回数は異なりますが、面接を無事に乗り越えることができれば内定へ進むことが一般的です。
そんな大切な面接でミスを起こしたくないという気持ちから面接会場へは早めに到着しておきたいと考える人は少なくありません。


しかし早めに行きたいという思いを持つ一方で、あまり早く行き過ぎると企業に迷惑がかかるのではと考えて行くべき時間に悩む人もいます。


そこで面接会場へは何分前に着いているのがよいのか、会場到着に適したタイミングについて解説します。
 

 

面接時間は面接が始まる時間!訪問は10分前を目安に

 

社会人として約束の時間を守って行動することは基本中の基本です。


転職活動においても企業と約束した面接の時間に遅刻することは厳禁となります。
このため、面接に遅刻しないようにするため早めに行動することが必要です。


しかし実際に面接を受けることが決まると、具体的に何分前の訪問が適したタイミングであるのか迷う人もいることでしょう。


企業から連絡を受ける面接時間とは面接が開始される時間を指します。
時間通りに面接がスタートできるように開始前には会場に到着しておくことは必須です。


しかし約束していた面接時間の30分前や1時間前などに行ってしまうと、担当者がまだ他の仕事をしていたり、他の人の面接中であったりして企業に迷惑をかけてしまうこともあります。
企業に迷惑をかけずに、落ち着いて面接を受けるためにも面接時間の10分前位に受付を行うことを目安として訪問することが安心です。


ただし企業によっては面接の案内時に、面接開始時間の何分前までに受付を済ませておくようにという指示があるケースもあります。
そのような場合には指示に従った時間に必ず受付を済ませておくようにしておきましょう。
 

 

面接には余裕を持って!受付目安は10分前でも到着目安はそれより早くに

 

転職の面接を受ける際には面接会場の受付は10分前位を目安にするとよいとご紹介しました。
しかし会場周辺には、もっと早い時間に到着できるように出発しておくと安心です。


電車が遅延してしまったり、最寄り駅から面接会場のある場所へ行く途中の道で迷ってしまったりする可能性もあります。
10分前に必ず受付に到着することができるように、多少の電車の遅延や道の迷いがあっても遅刻しない余裕を持ったスケジュールで行動しておくようにしましょう。


当日時間に余裕があれば、先に会場の場所だけ確認しておき、気持ちを落ち着かせるために近くで一息つける時間帯を作っておくこともおすすめです。
夏の暑い時期であれば、一息入れることで汗を引かせて、落ち着いた状態で面接へ向かうこともできるようになります。


ただし一息つく場所として建物の出入り口付近に立っていると面接を行う会社の関係者の目に付きやすくなります。
面接までの時間を落ち着いた気持ちで過ごすためには最寄り駅や近くの喫茶店などを利用するとよいでしょう。
 

 

電車が停まってしまった!トラブルで面接に遅刻しそうな時の対応は?

 

遅刻しないように早めに出発しても、予測できないトラブルに遭って遅刻を余儀なくされることがないとは言えません。


電車が長時間遅延してしまったり、停まってしまったりした場合には面接を受ける企業の採用担当者に、すぐに電話で連絡を取るようにしましょう。
電話では約束した時間通りに到着できない旨と現在の状況について報告します。


さらに遅刻によって受けることができない面接は今後、再度受けさせてもらうことができるのかなどの確認も行っておきましょう。


電車の遅延などのような自分の責任により発生した事由ではない遅刻であっても、必ず企業への連絡時には謝罪の言葉を述べておくようにします。


もしも面接の日時を間違えて覚えていたことや寝坊といった自己責任による遅刻であれば、もちろん謝罪は必須です。
社会人の基本となる時間の管理をできていなかったということで選考の際にマイナスの印象を与える可能性はあります。


しかし言い訳がましい対応をすれば、さらにマイナスの評価を受けることにもなりかねません。
自分の間違いや失敗を正直に伝えてお詫びをすることが社会人として取るべき対応です。
 

 

遅刻しない!慌てない!余裕を持って面接を受けるための3つの準備とは

 

面接に余裕を持って臨むためには事前に準備をしておくことが重要です。
そこで前もって準備しておきたい3つの事項をご紹介します。


1つ目は持ち物の確認です。
履歴書や職務経歴書など面接の連絡時に指定を受けている持ち物のほか、メモが取れる手帳や筆記用具などがそろっているかも前もってチェックしておきましょう。


2つ目の準備事項として自宅や会社などの出発地点から面接会場までの行き方を調べておくことが大切です。
電車やバスの最短ルートや乗り換え場所、時刻を調べておきます。
走っている本数が少ない路線を利用する場合には乗り換え損ねた際に利用できる別ルートも調べておくと万全です。
別ルートの情報は電車が停まってしまった際にも活用できることがあります。


また面接会場までの最寄り駅からのルートや所要時間も確認しておきましょう。
駅から遠い場合や、周辺の道が複雑な場合には地図を印刷しておくか、携帯電話で調べてスクリーンショットを取っておくといった対応をしておくと安心です。


3つ目の準備は採用担当者の連絡先を携帯電話に登録しておくことです。
面接会場へ向かう途中でのトラブル遭遇時に電波が入らなくて調べることができなくなるといった状況となって慌てないためにも重要な準備となります。


内定を目の前にした面接は特に緊張が高まるものです。
事前に十分な準備を行うことで少しでも気持ちの余裕を持って面接の対応ができるようにしておきましょう。
 

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します