Original

建設業界の転職や面接に!ネクタイの選び方やマナー

 

建設業界で就職活動を行う場合に思わず悩んでしまうのが服装です。


実際の職場ではスーツを着用する機会はあまりないだけに、すぐ現場に出ることのできる格好をしていった方が好印象を得られるのではと考える人もいるかもしれません。


結論を言えば、たとえ建設業界であっても面接はやはりスーツの方が無難です。
その方が社会人としての基本マナーが身についているという印象を与えやすいからです。


ただ、その際に意外な落とし穴になるのがネクタイです。
せっかく上等なスーツを着ていてもネクタイが場違いなものだったりすると台無しです。


そうしたことがないように、ネクタイの選び方や着用の際のマナーについて解説をしていきます。
 

 

これはNG!面接にはふさわしくないネクタイの色

 

面接において絶対にNGなのは白のネクタイです。
白は結婚式などの祝い事の際に身につけるものなので、その色を選んだ時点で常識を疑われてしまいます。


一方、黒は葬式や法事などで着用する色なのでこちらも面接にはふさわしくありません。
また、集団面接などで印象に残ろうとして、ピンクやゴールドといった奇抜な色を選ぶ人がいるかもしれませんが、悪目立ちをするだけであり、選考でプラスに働くことはないでしょう。


さらに、派手なブランドもののネクタイを身につけるのも建設業の面接ではマイナスイメージです。
いくらファッションセンスの良さをアピールしてもそれが評価されることはなく、不真面目な印象が残る結果となってしまいます。
 

 

アピールポイントによって異なる!面接で選択するべきネクタイの色

 

ネクタイの色を選ぶ際に最も無難なのは青か紺でしょう。
落ち着きのある人柄を感じさせる色であり、どの業界の面接おいても悪い印象は与えないはずです。


一方、グレーは新卒者が着用するとフレッシュさに欠けるイメージですが、社会経験を積んだ転職希望者が身につけると落ち着いた大人のイメージが演出できます。


また、黄色はコミュニケーションカラーとも言われており、明るさや元気さをアピールできるという意味で建設業界との相性は悪くないでしょう。
ただ、黄色も明るすぎると軽薄なイメージになってしまうのでなるべく落ち着いた色を選ぶのが無難です。


それに対して、赤は情熱的な印象を与える色です。
やる気をアピールするにはぴったりな色と言えるでしょう。
しかし、真っ赤なネクタイだと派手すぎて真面目さに欠けてしまいます。
赤を選ぶ場合は落ち着いた印象を与えるえんじ色などがおすすめです。


さらに、協調性をアピールしたい場合には緑を選ぶという手もあります。
しかも、緑は植物色なので落ち着きのある人柄を印象付けることもできます。
その際には濃い緑よりも薄めの色を選ぶのがポイントです。


このように、まずどのようなイメージをアピールしたいかを考え、それにふさわしいネクタイの色を選んでいきましょう。
 

 

理解した上で選ぼう!ネクタイの柄と相手に与えるイメージ

 

ネクタイを選ぶ際には色だけではなく、柄も重要なポイントです。


まず、キャラものの柄は論外です。
幼稚で不真面目な印象を与えるため、たとえそれが小さなワンポイントモチーフであっても避けた方が無難です。


逆に、万人受けするデザインとしてはストライプが挙げられます。
適度に人目を引きつける効果があるので迷った場合はこの柄を選択すればよいでしょう。


また、ドット柄を選ぶ場合は小ぶりな柄の方が上品さを醸し出せるのでおすすめです。
一方、チェックはコーディネートが難しい柄です。


親しみやすさをアピールできますが、カジュアルな雰囲気になりすぎないように全体のバランスを考える必要があります。
 

 

意外と知らない!ネクタイピンの正しいつけ方

 

ネクタイピンは元々ネクタイの乱れを抑えるために使われてきたアイテムです。
しかし、生地や縫製などの品質向上によって次第にその必要性は低くなってきています。


とはいえ、転職希望者にとっては自分の個性をアピールするためのアクセントとしてまだまだ有効な存在です。
また、ネクタイピンをつけるべき位置はジャケット着用時か脱衣時かによって異なってくるため、注意が必要です。


まず、ジャケットを身につけている時は第一ボタンの少し上につけるのが基本となります。
一方、ジャケットを着用していない時にはお辞儀をしたときにネクタイが垂れないようにワイシャツの下の方で留めておくのがスマートです。
 

 

練習をして慣れておこう!気になるネクタイの結び方

 

いくらネクタイ選びが完璧でも結び方がおかしければ、すべてが台無しになってしまいます。
特に、ネクタイの結び目は面接官の目につきやすいものです。


大事なのはその大きさで、大きすぎても小さすぎても不格好です。
スーツのVラインと結び目の大きさのバランスを確認しながら調整していくとよいでしょう。
理想的な大きさになると結び目は左右対称の逆三角形になっているはずです。


また、ネクタイの長さはジャケットを着用している間は隠れているので気になることはあまりありません。
しかし、長すぎるとスーツの下からでてしまいますし、短すぎるとお辞儀をした時にスーツの中から飛び出してしまう可能性があります。


そうならないためにも、ネクタイは適切な長さに調整しておきましょう。
ベストなのはネクタイの先端がベルトに触れるぐらいの長さです。


ただ、一発で理想の長さに調整するのは難しいものです。
自分で理想の長さをイメージしながら何度も練習をし、感覚をつかむことが大切です。


以上のように、ネクタイの種類や身だしなみに気をつけることで、面接で少しでも良い印象を与えるように心がけていきましょう。
 

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します