Original

建設業界の転職で!面接に私服で挑むのはあり?

 

建設業界に限らず、転職において面接は避けて通れない関門といえます。


一般企業の面接ではスーツの着用が一般的ですが、スーツを着る機会の少ない建設業界の面接では「私服で面接を受けるべきなのか」という疑問を持つ人もいるのではないでしょうか。


身だしなみは社会人の基本的なマナーであり、面接官に好印象を与える装いを心がけることが大切です。


ここでは建設業界の面接では私服とスーツのどちらを着用すべきなのかという疑問に迫ります。
 

 

私服とスーツのどちらを着用すべき?疑問を解消!

 

結論から言うと、建設業界の面接においても服装は「スーツ」の着用が無難です。


建設業界では働く際に作業着のイメージが強く、かしこまった印象のスーツよりもラフな私服を着用した方が良いと考える人もいるかもしれません。
しかし、面接は働く場ではなく企業と求職者との相性を確かめ合う、貴重な話し合いの場です。


このような観点から考えてみても面接は重要なビジネスシーンの一環であり、企業と対面する際はスーツのようなフォーマルな装いが適しているといえます。
そのため企業から私服の指定がない場合は、スーツを着用して面接に臨むことがおすすめです。


ただ、企業によっては「リラックスした服装」や「私服でお越しください」というような指定をされる場合があります。
特に建設業界の場合は現場見学をしたり、実際に作業を体験したりする機会もあるでしょう。
このような場合にスーツを着用していると、服が汚れるリスクや動きにくくなる可能性があります。


もしも企業から私服を指定された場合は、素直に指示に従った服装を選ぶと良いでしょう。
ただ、私服で面接に臨む場合にもビジネスの場にふさわしい装いを心がける必要があります。


例えば派手なダメージ加工のされたジーンズや、ラフすぎるTシャツなどは避けた方が良いでしょう。
基本的にはスーツに準ずる服装を意識し、シンプルなアイテムを選ぶことが重要です。


例えばジーンズではなくチノパンを履き、Tシャツは避けて襟付きのシャツを着用するとフォーマルな印象に近づけます。
 

 

スーツはどんなものを選べばいい?好印象を与えるポイント

 

それでは具体的に面接時ではどのような服を着用すれば良いのでしょうか。
好印象につながる服装選びのポイントを4つの項目に分けて確認していきましょう。


まず1つ目は、印象を大きく左右する「スーツ」についてです。
スーツは基本的に暗い色を選ぶと失敗が少ないでしょう。
ベーシックな色だと黒色や灰色、それから清潔感のある印象を与えられる紺色もおすすめです。
冬に面接をする際はコートを着用する人が多く見られますが、色はスーツと同じように暗いカラーを選ぶことがおすすめです。


2つ目のポイントは「インナー」です。
インナーは襟付きの白シャツを着用することで、爽やかな印象を与えられます。
白色は顔周りをパッと明るく、フレッシュな印象に近づけてくれます。
インナーに暗い色のシャツを着用することは避け、明るい色味を選ぶことがおすすめです。


続いて「ネクタイ」が3つ目のポイントとして挙げられます。ネクタイは面接時にどれを着用すればいいのか、悩む人も多い問題でしょう。
ネクタイは清潔感を第一に考えて、手持ちのネクタイから絞り込みを行いましょう。
青色や灰色のネクタイは自然にコーディネートになじみやすくおすすめです。
スーツやシャツの色味とのバランスを考えて、万人受けしやすい無難なデザインを選びましょう。


4つ目のポイントは「靴」です。
靴は意外に人の視線を集めやすい部分といえます。
汚れやホコリが付いた靴を着用していると、清潔感に欠けた印象につながるので注意しましょう。
面接時にはフォーマルな印象を与える革靴の着用が基本です。
色は黒色か茶色を選び、先のとがったものや奇抜なデザインは避けるようにしましょう。
 

 

要注意!面接時に避けるべきNGな服装とは

 

転職は今後のライフスタイルを左右する、人生の重要な分岐点といえます。
転職活動で面接をスムーズに突破するためには、面接官に良い印象を与えることが重要です。


第一印象を良くするためには、面接における正しい身だしなみを知っておくことが肝心です。
悪い印象を与えないためにも、面接で避けた方が良い服装を確認していきましょう。


まず注意したいのが「派手な柄物は避ける」という点です。
スーツやシャツ、ネクタイなどのアイテムにはさまざまなデザインが存在します。


しかし面接時に派手な柄物を身に付けてしまうと、奇抜な印象が強まってしまいます。
高級ブランドのロゴが入ったアイテムや、キャラクターの柄が入っているようなアイテムは避けた方が無難です。


また、地味な色や無地であれば何を身に付けても良いという訳ではありません。
特にネクタイの色には注意しましょう。
黒色や白色のネクタイは、冠婚葬祭を連想させるため、避けた方が無難です。


ネクタイは色や柄によって全体のコーディネートの印象を大きく左右するポイントです。
客観的に見てネクタイの色や柄に違和感はないか、また無難であるかという点に注目して選ぶことが大切です。


それに加えて「襟や袖口がよれた服」も避けるようにしましょう。
襟や袖口がよれた服は覇気のない印象につながります。また、服の汚れにも注意が必要です。
黄ばみや黒ずみといった汚れが付着した服は、清潔感のない印象を与えてしまいます。


服に汚れが付いていないか、面接前に隅々までチェックしておきましょう。
 

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します