Original

建設業の転職活動に役立てる!女性のためのスーツ選び

家族形態や社会状況が変化している中、女性の社会進出が進んでいます。


しかし、現状はまだまだ男性の方が多いという職場が少なくないのが現状です。
中でも建設業界は特に男性が多い業界だと言われています。


そのため建設業界で転職活動をする女性の中には、女性らしい服装が良いのか、男性らしさを出した方がよいのか、そもそもどのような服装が適した服装であるのかと悩んでしまっている人もいることでしょう。


そこで建設業の転職活動に適したスーツの選び方について解説します。
 

 

そもそも転職活動時の女性の服装マナーとは?

 

新卒での就職活動ではリクルートスーツを着用することが一般的です。
しかし転職活動では、このようなスーツを着用しなければいけないという決まりはありません。


ただし決められた服装がないからといって、どのような格好をしてもいいというわけではないのです。
面接などで企業の採用担当者と実際に会った際に選考にマイナスとなるような印象を与えないための最低限のマナーは必要となります。


まず特別に企業からの指定がない限り、社会人としてスーツを着用して行くことは基本です。
ただしリクルートスーツは新卒時の就職活動に適したスーツであるため、転職時には避けることが通常となります。
初々しい印象がプラスとなる新卒時とは違い、転職活動時には社会人らしい落ち着いた頼もしさを印象付けることが必要とされるからです。


また色は黒や紺、グレーといった落ち着いたトーンのものがよく、派手な色を使用したスーツは不向きです。


スーツ以外にも気を付けるポイントはあります。
インナーに着るシャツやブラウスは白や淡色系のものを選ぶことが清潔感を感じさせる無難な選択です。


靴は、ミュールやピンヒール、スニーカーやサンダルといったカジュアルな雰囲気を持ったものはビジネスの場にふさわしくないため、履いていってはいけません。
黒い色をしたシンプルなデザインのパンプスで、3cmから5cm程度のヒール高のものが理想となります。


バッグも靴同様にリュックやトートバッグのようなカジュアル感のあるものや派手な柄が入ったビジネスにふさわしくないデザインのものは避け、シンプルな形のものを使用するようにしましょう。
 

 

私服の指定があったら?女性ならジャケットにワンピースが安心!

 

建設業界での転職活動でも一般的なマナーの注意点に留意し、スーツを着用することが基本です。
ただし会社を訪れる際の服装について私服やカジュアルな服装で来るようにといったような指定が企業側からあった場合にはスーツの着用は不要となります。


気をつけておきたいのは私服やカジュアルな服装という指定があった場合でも、企業に失礼とならない服装をしていくことがマナーであるという点です。


ジーンズやTシャツといったカジュアルすぎる服装は企業に対して失礼にあたります。
着用していく服装は仕事の場で着ても恥ずかしくないレベルのオフィスカジュアルを目安に選ぶようにしましょう。


女性の場合であればカジュアルなデザインをしていないワンピースにジャケットを羽織るといったスタイルが無難です。
オフィスカジュアルであっても、サイズが合っていないものやシミやシワのある汚れたものなど清潔感を感じられない服装をすることは避けましょう。


清潔感がないことは採用担当者からマイナスの評価を受けやすくなるポイントとなります。
 

 

上手に選ぶことがポイント!建設業界の応募内容別に見る服装の選び方

 

建築業界の転職活動でスーツ以外の服装がよいとされるケースは現場で働くブルーカラー系の仕事で見られる傾向があります。
ただしブルーカラー系の仕事への応募であっても、社内で面接などの選考活動だけを行うスタイルであればスーツを選んだ方が安心です。


会社によっては面接終了後に現場に実際に足を運ぶこともあります。
このような状況では特にスカートスーツのような格好は現場を歩くのにはふさわしくない服装となり好まれません。


事前に受け取る面接の連絡事項の中に当日現場の見学を行うといった内容のスケジュールが含まれていることがあります。
そのような場合にはスカートスーツは避け、特に私服指定がない場合でもスーツ以外の動きやすいジャケットスタイルを選んだ方が良いケースもあるのです。


現場の監理の仕事への転職希望である場合にも面接でのスーツスタイルが適していない場合があります。
監理の仕事は現場で工事の流れを指揮することが業務です。
現場の職人たちと一緒にしっかりと動ける人間であると感じさせる人が好まれます。
きっちりとしたスーツスタイルよりも動きが軽快に取れそうなデザインのジャケットスタイルで面接を受けた方がアクティブな印象を与えて選考にプラスとなる場合もあるのです。


志望する職種がデスクワーク中心の事務職や設計といった職種である場合にはスーツスタイルがふさわしい服装となります。
スーツのスタイルはスカートでなければいけない、パンツスーツでなければいけないといった決まりはありません。
ただし他の職種の人たちをサポートする事務職への応募であれば柔軟な対応を感じさせる女性らしいスカートスタイルがおすすめです。


逆に設計や監理といった男性が多く活躍する職種であれば男性と肩を並べて仕事をこなしそうなイメージを持たせるスタイルがよいでしょう。
スカートスーツと比べるとパンツスーツの方がアクティブなイメージを与えることが可能となります。


建築業界の転職活動をする際の服装選びでは、志望する企業の社風はアットホームな雰囲気のものであるのか、応募する職種や仕事内容が現場を中心としたものであるのかといったことについて事前にしっかりと把握しておくことが重要となるのです。
 

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します