Original

建設業界の転職で活用できる!面接で伝えるべき長所とは?

 

建設業界は資格を取得したり、専門的な知識を身につけることができたりする魅力的な業界です。
キャリアアップも目指せるので、転職先として建設業界に関心がある人も多いことでしょう。


転職では面接が重要な役割を果たすため、きちんと事前に対策を立てておくことが大切です。
そこで今回は、面接で聞かれることが多い長所にスポットライトを当てて詳しく解説していきます。


建設業界での面接に使える長所には一体どのようなものがあるのでしょうか。
 

 

長所は建設業界に結びついた具体的なアピールを

 

建設業界に転職する際の面接で長所について聞かれたとき、ベストな回答としては、仕事と結びついたものが挙げられます。


建設業界では手を抜いた仕事をしてしまうと、人命にかかわる大事故に結びつく可能性があります。
したがって、「責任感が強い」というアピールは、面接時に大きなプラスに働きます。


同様に、何かトラブルが起きたときでも迅速に対応できる「行動力がある」ことや、施主の望む通りの期日までに完成させられる「時間に厳しい」ことも、建設業界の面接ではプラスの要因となるでしょう。


また、「コミュニケーション能力」も必要不可欠な能力です。現場とオフィス、営業、本社などの連携がうまくいかなければ、良いものは建てられません。
それどころか連携がうまくいかないと事故を誘発してしまう危険性もあるため、コミュニケーション能力は建設業界において必須です。


コミュニケーション能力に付随するアピールポイントとして、「明るい」性格であることも長所としては有効的です。
 

 

面接で長所を答えるときは「そう考える理由」もあわせて回答すること

 

面接で長所を答える際には、ただ単に「私の長所は責任感が強いことです」という一言で終わらせてはいけません。
なぜそう主張するかの根拠も、長所の後に付け加える必要があります。


例えば、責任感が強いことが長所だと述べた後は、
「以前勤めていたところでは担当のチームを率いて、売上高500万円を達成しました。目標達成にあたっては〜」といった具体的な実例を挙げて回答をしていきます。


最後には「貴社においても売り上げに貢献していきたい」といった形で結べると、責任感の強さやリーダーシップ、そして仕事に対するモチベーションの高さも表せます。
 

 

短所を聞かれてもマイナスのイメージを持たれにくい回答を

 

面接では長所とともに短所も聞かれることがあります。
短所はマイナスのイメージを相手に与える可能性があるため、長所以上に答えにくいものです。
しかし、伝え方を工夫すれば短所がそれほどマイナスには働かないことでしょう。


例えば、性格が明るい方ではなく、チームプレイが苦手だったとします。
もしもそのままを伝えると、相手にネガティブな印象を与えかねません。


そこで、「私の短所は1人で集中して仕事をするのが好きなところです。
しかし、報告や連絡は積極的に行うことでチームに関わっていくことを心がけています」などとします。


短所を伝えつつもそれをどう補ったり克服したりしているかを同時に伝えると、逆にイメージを上げることにつながります。
短所は無理に隠そうとはせず、工夫して伝えることでプラスに持っていくことが大切です。


ただし、建設業界で働く上で支障となるような短所は、あえて面接時には伝えなくても良いでしょう。
業務に不適切な短所だと判断されれば、そこで落とされてしまう確率が高くなります。
 

 

面接で長所と短所を聞かれる理由は「自己分析能力」がキーワード

 

転職の面接で長所や短所を聞く理由は、企業が面接者の「自己分析能力」を見たいからです。
面接で長所ばかりを流暢に話し短所になると「ありません」と答える人は、自信過剰という印象を持たれます。


人間誰しも長短がありますが、自分自身でそれを知ることは難しいものです。
面接官は長所と短所の質問から、分析しづらい自己をどれくらいわかっているかを知ろうとしています。


自己分析が的確に行える人材であれば、信頼して雇用できると企業は考えています。
 

 

面接を受ける前に!建設業界で採用される人の傾向を知ろう

 

どの業界でも共通することですが、建設業界ではとりわけ理論的にハキハキとものを話す人が好まれる傾向にあります。
なぜなら、建設業界では現場でもオフィスでも、コミュニケーション能力が必要不可欠だからです。


ちょっとしたコミュニケーションのミスが大きな事故になりかねないため、建設業界では積極的に報告・連絡・相談ができる人材が好まれます。
仕事に対してポジティブな姿勢を持ち、前向きであることも好まれる人材の条件です。


また、建設業界では人手不足の傾向が続いているため、確保した人材を会社できちんと育成することも多いのです。
そのため、入社当初は建設業界についてそれほど詳しくなくても、働いているうちに次第に知識や経験はついていくことでしょう。
もちろん、入社前から建築業界に関する知識が豊富であればそれに越したことはなく、就活で有利になる可能性はあります。


しかし、大切なのはモチベーションや能力なので、業界が未経験でも臆さずに飛び込んでみてはいかがでしょうか。
転職は人生を大きく変える可能性のある決断です。


面接前に長所をどう答えるべきかの対策を立てて、建設業界で働けるよう努力してみてください。
 

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します