Original

【建設業界への転職活動】中途採用の面接にふさわしい服装とは

身だしなみは社会人としての基本的なマナーであり、建設業界に限らず、すべての業界で求められるものです。これができていなければ転職活動がうまくいくはずがありませんし、そもそも社会人として一人前と認められません。

また、それぞれの業界には業界独自のルールがあります。建設業界もその例外ではありません。建設業界で転職先を探すために、まずは面接時の基本的な服装マナーを身につけ、そのうえで建設業界ならではのルールを学んでおきましょう。

 

結局のところスーツはOK?それともNG?

建設業界は面接時の服装に悩むことになる、数少ない業種のひとつでしょう。

普通に考えればスーツでしょうが、実際の仕事ではスーツを着用する機会は少ないはずです。むしろ作業着のように、面接即現場に出られるような格好のほうが相手にいい印象を与えるかもしれない。そう思い悩む人もいるかもしれません。

結論からいえば、面接時の服装はスーツで問題ありません。相手方から特に指定がないのであれば、面接にはスーツ着用で臨んだほうが、社会人として基本的なマナーを身につけていると相手にも思ってもらえます。

スーツは濃紺や黒に近い色で、華美でないデザインのものを選びましょう。ネクタイも紺やえんじ、グレーといった色にレジメンタル柄や小紋柄のスタンダードな組み合わせがおすすめです。ピンクや紫といった派手目の色は避けるのが無難です。靴は黒で先が尖っていないものを履いていけば、大きな失敗はないはずです。

このように転職先が建設業界であっても、基本的な面接のスタイルは他の業界と大きくは変わりません。相手方から特別な指定がない限り、こちらも一般的な就職活動時の服装で臨むようにしておけば、面接以前の段階で振り落とされることにはならないはずです。

 

面接でスーツがNGとなる具体的なケースを紹介

基本はスーツでOKですが、スーツ以外の服装が好ましいときもあります。

まずは相手から服装を指定されているときです。「動きやすい服装で来てください」と事前に言われているにも関わらずスーツで行くのは、非常識だと受け取られかねません。事前に現場見学を希望した、あるいは相手から知らされている場合も、スーツ着用が好ましくないケースとなります。

その場ですぐに「働いてみて」と言われることはないでしょうが、それでも現場での仕事を少し体験したり、現場の職人さんの話を聞いたりする機会があるかもしれません。

スーツで行くと服が汚れるようなことは自分もしたくないでしょうし、相手もさせようとはしないものです。その結果、就労前に仕事が体験できる貴重な機会を逃すことにもなってしまいます。面接後に現場見学をするのであれば、作業着を一着用意しておくのもよいかもしれません。

非常にまれですが、企業によっては面接時に体力測定を行うこともあります。体力仕事となる建設業界ならではと言えるかもしれません。このような事例も、スーツの着用が望ましくないケースと言えます。

当日いきなり体力測定をされたのではなすすべがありませんが、たいていは事前に通達があるものです。前述のように「動きやすい服装で」や「当日体力測定を行いますので」といったことを言われている場合は、スーツの着用は避けましょう。

 

スーツNGのときはどんな服装をするのがいい?

スーツ着用NGの際の服装選びのポイントは、動きやすさと清潔さにあります。

まずは動きやすさです。建設業界で働き続けるためにもっとも大切なものは体力です。企業は応募者がどれくらい仕事に適性があるか、知りたいと思っています。そうなると面接時やその後に適性試験が行われるのは、必然と言えるのではないでしょうか。

適性試験とはずばり体力測定になります。建設業界で「スーツ以外で」と言われたら、体を動かす試験があると見当をつけてハズレはないでしょう。

もう一点は清潔さになります。建設業界の現場で働くのは決して楽なことではありません。きつい・汚い・危険のいわゆる3Kの職場といわれることもあります。だからといって、小汚い格好で行っても構わないということにはなりません。そのような格好で面接に赴くことは、相手の仕事を軽蔑していると自ら宣言しているようなものです。

現場で汚れながらも汗水を垂らして一生懸命働くことへの敬意を示すためにも、清潔さを意識した服装をしていきましょう。

 

どんな服装で行けばいいのかわからなければ聞くのも手

もし面接当日にどのような服装で行けばいいのかわからないときには、思い切って相手に確認するのもひとつの手です。予定の確認も兼ねて、面接前日に採用担当者に電話してみましょう。

「そんなことくらい自分で考えろ」と相手に思われないために、服装を確認する理由付けもしておくと無難です。「作業現場を見せていただく機会があるかと思いまして」と理由を伝えれば、悪印象を持たれることもないでしょう。

面接時の服装は社会人としての基本です。できて当たり前であり、できていなければ大きなマイナスとなってしまいます。服装で高評価を得ようとするのではなく、マイナス点を取らないことを意識しておけば、大きな失敗にはつながらないはずです。

 

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?