Original

【建設業界への転職活動】面接の時間は土日や夜でも可能?

建設業界は転職者の受け入れが盛んであり、1からキャリアを構築していくにはぴったりの業種です。

一方で、一般の企業と比べて独特のスケジュールで経営されているケースも多く、普通に土日祝日が休みの感覚だと思って志望すると、肩透かしをくらうリスクもあるでしょう。面接の時点で、他の業界とは違う日程でスケジュールを組まれることも珍しくありません。

ここでは、建設業界の面接や入社後の注意点について説明していきます。

 

土日夜でも面接を行う建設業界!スケジュールは合わせるべき?

建設業界は土日祝日が休みとは限らない業種です。

建設業界で優先されるのは、あくまでも工事のスケジュールです。工事にあわせて従業員は出勤するため、暦どおりの休日が設定されているわけではないのです。また、深夜帯の労働なども珍しくないため、面接時に勤務体系は詳しく聞きだしておきたいところです。

面接のスケジュールも変則的です。土日に事務所へと呼ばれ、面接を行う企業もあります。平日は建設業界も仕事が多く、面接にかけている時間がなかなかとれない企業もあります。落ち着いて時間を確保できる土日に面接したほうが、企業側には好都合なのです。

また、夜に面接を指定してくる企業も多いでしょう。昼間の時間帯は面接官も現場に足を運んでいることがあるからです。

転職志望者にとって、土日や夜に動くのは調整が難しく、面倒だと感じるかもしれません。しかし、かたくなに平日や昼間の面接にこだわると「建設業界向きではない」との印象を与えがちです。

できる限り、面接のスケジュールは先方の指定に合わせて埋めていくように心がけましょう。

 

土日や夜に面接してもらうメリットも存在する

土日や夜に面接が行われるメリットもいくつかあります。まず、他の企業の面接と重なりにくい点です。

転職志望者の中には、複数の企業面接を受ける人もいるでしょう。しかし、多くの企業は平日の昼間に面接を行う傾向が見られます。そのため、複数の面接が同じ日程に重なってしまい、調整するのに苦労する転職志望者も珍しくありません。土日の夜に面接を行う建設業界は、転職志望者にとっても足を運びやすいスケジュールなのです。

夜に面接が行われると、その分だけ昼間を転職活動に費やせます。たとえば、企業説明会や転職セミナーの多くは昼間の時間帯に行われています。企業リサーチは昼間に行ってから、その足で面接に向かうと転職活動のスケジュールを効率化できるでしょう。

土日の面接で注意したいのは、公共交通機関の運行が平日と異なる点です。平日と同じ感覚で会場への道のりを計算していると、遅刻してしまうリスクがあります。

建設業界は礼儀やしきたりに敏感な習慣があるため、時間には余裕を持って家を出て、面接時間までに到着するよう意識しましょう。

 

建設業界の転職でチェックしたいポイントは

建設業界の転職を志望するなら、入社前にチェックしておきたいポイントが満載です。

企業の重役と直接顔を合わせられる面接は、企業の本質を見極める大切な機会でもあります。一方的に質問を受けるだけではなく、転職志望者からも気になる点を積極的に聞きましょう。

たとえば、休日の数や残業代の有無です。建設業界は土日や祝日に関係なく、工事ありきで出勤することも多い業種です。しかし、休日を割り振らないのは労働基準法に違反する行いです。土日が休めないかわりにしっかりと休日がもらえるのかは確認しておきましょう。

また、工事現場にいると、定時に合わせた労働時間内で作業が終わらないこともあります。そんなときの残業代は支払ってもらえるのかも知っておきたいところです。残業が多い企業は「みなし残業代」などの方法で残業代を削減しようと考えがちです。しかし、残業時間に合わせて報酬をもらうのは労働者として当然の権利だと言えます。

入社してから、忙しさに見合わない給料がストレスにならないよう、転職活動中に細かく企業研究を行っておきましょう。

 

面接で労働条件を根掘り葉掘り聞くのはアリ?

転職者はキャリアアップを果たすため、志望先の労働条件にはこだわりたいところです。また、面接の時間が条件交渉になるケースも多く、面接官に労働条件の確認を行うのは決して悪い行いではありません。

ただし、労働条件ばかり質問していると評価が低くなる危険も出てきます。給料や休日にこだわっている転職志望者には、面接官は「この人は会社が苦しくなってもがんばって働いてくれるだろうか」と不安になるからです。

労働条件はできる限り、事前にホームページや転職サイトなどで調べておきましょう。そのうえで、どうしても気になった部分だけを質問すると「労働条件だけに惹かれている」という印象にはなりません。また、会社の経営理念や沿革なども話題に出して「給料だけでなく会社全体に興味がある」とアピールしましょう。

建設業界は転職者を受け入れてくれやすい世界ではありますが「入りやすさ」と「働きやすさ」は別の話です。一時の勢いで転職を決めてしまい、後悔しないように気をつけましょう。転職活動中は企業に選ばれるだけでなく、自分からも企業を選ぶのだと意識して条件を吟味するのがおすすめです。

 

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します