2017/12 の記事まとめ

Original

建設業界だからこそ!転職や面接で避けられない課題は?

2017年12月28日

建設業界は転職市場の中でも多く人材が求められている業界のひとつです。かつて建設業界で働いていた人はもちろんのこと、未経験でもキャリアアップのために建設業界に転職したいという人は多いのではないでしょうか。そんな人気のある業界だからこそ、しっかりとした対策をとって転職活動を行わないとなかなか成果が出ないということも事実です。そこで今回は、建設業界への転職を成功させるために避けて通ることはできない課題とはなにか、詳しく解説します。

記事を見る

Original

転職で建設業界を選ぶなら!面接の日程調整のコツを考えよう

2017年12月27日

転職を考えるポイントは働きやすさや給与などいくつか考えられます。そしてもうひとつポイントとして考えておきたいことに面接の日程調整があります。建設業界は休日が週末に偏っているという印象を受けますが、現場によってはそうとも限りません。また繁忙期もあれば比較的時間を取りやすい閑散期もあるので、それをうまく利用するといいでしょう。異業種から転職する場合、そして同業から転職する場合など2方向から面接の日程調整について解説します。

記事を見る


Original

建設業界の面接で!転職の場合に必要な準備とは?

2017年12月25日

建設業界の転職では、面接での回答が非常に重視されています。転職は新卒の就職活動と比べて、企業がチェックしてくるポイントが異なります。「やる気」や「情熱」をPRするのも大切ですが、経験者ならではの強みを訴えるとより採用に近づくでしょう。また、言葉だけでなく態度でも「採用するに相応しいか」が見極められています。面接には相応の準備をしていきましょう。この記事では建設業界の転職における「面接の心がけ」を解説します。

記事を見る

Original

英語力が必要な建設業界に転職希望!転職活動で準備すべきこと

2017年12月21日

グローバル社会の到来により、英語力が問われる場面は格段に増え続けています。建設業界も例外ではありません。海外での仕事や外国人からの注文では英語力が必須です。英語が話せる人材を重用する建設業者も少なくないでしょう。英語力が武器の人材がいれば、特性を活かせる企業に転職するとキャリアアップにつながります。「英語を使う機会」を考えて転職先を探してみましょう。ここでは、建設業界の転職活動で「英語力」を発揮するための方法を解説します。

記事を見る

Original

建設業界に転職する際で履歴書で書くと受けの良い趣味とは?

2017年12月20日

転職活動は新卒の選考過程と比べると、圧倒的に時間がありません。履歴書と職務経歴書の他には1、2回の面接で採用が決まってしまいます。応募してから1週間前後のスピードで入社する場合もありえます。特に人材の入れ代わりが激しい建設業のような業界では、なおさら選考に余裕はないでしょう。そのため、履歴書の隅々まで担当者の関心を引くような工夫が求められます。ここでは、建設業への転職で有利になる「趣味」について解説します。

記事を見る

Original

20代女性が建設業界へ転職!正社員を目指すために必要な心構え

2017年12月18日

建設業と言えば「男性の現場」というイメージが強いですが、徐々に女性で正社員を目指す人材も増えてきました。力仕事では男性が有利な仕事ではあるものの、技術職や管理職などは女性でも十分に可能です。また、営業職や事務職などで会社に貢献する手段もあります。別の業界から建設業界に転職してくる女性も目立ちますが、成功するためにはいくつかの心構えがあります。ここでは、20代女子が建設業界で活躍するための注意点をまとめました。

記事を見る

Original

建設業界への転職に欠かせない?面接に欠かせない持ち物

2017年12月14日

面接の定番といえばスーツにバッグのリクルートスタイルです。しかし、バッグの中身までは深く考えていない人も多いでしょう。面接先では必需品のほか、予想外の出来事が起こるかもしれません。入念な準備をして、持ち物を選ぶ必要があります。たとえば、建築業界への転職を目指しているなら資格や経歴を証明できる書類など、さまざまな持ち物があるといいでしょう。ここでは、建設業界での転職活動の基本的な持ち物や「あると便利」なアイテムを紹介します。

記事を見る

Original

建設業界の面接回数を教えて!転職の場合は何回?

2017年12月13日

建設業界への転職を成功させるには、採用過程を詳しく調べて対策を立てる必要があります。たとえば、面接の回数や内容は優先的に知っておきたいポイントです。新卒の採用過程と転職者の面接は内容が大きく異なるため、就職活動経験者も気を抜かず「一から準備をする」つもりで挑みましょう。また、人事担当者の面接と役員面接の違いも知っておくと有利に運べます。ここでは、建設業界における転職者の面接回数について解説します。

記事を見る

Original

建設業の経験を生かす!転職の面接に使える自己PR

2017年12月11日

転職の際には性格の良さを自己PRするだけでは面接官の印象に残りません。肝心なのは「これまでの経験」を実証することです。多くの企業は転職者に「経験値」を期待しています。今まで積み重ねてきたスキルを自社で発揮できる人に採用を伝えたいと考えています。部門によってさまざまなスキルを要求される建設業では、より「経験」が重要視されるでしょう。ここでは、建設業の転職で自己PRに使える経験を4つに分けて紹介していきます。

記事を見る

建築、土木、施工管理、CAD等求人について詳細ページはこちら

※外部サイトに遷移します

この内容で送信します。よろしいですか?